生理前の期間に、普段とは違う不快な症状に悩まされることはありませんか?

 

症状が現れることを自覚して

 

 多くの女性が、生理前の1週間前後の期間、さまざまな体の不調や心の不調を訴えます。これをpms(Premenstrual Syndrome=月経前症候群)と呼びます。生理期間中の女性はイライラしていると思っている人も男女問わず多くいると思いますが、実は、生理期間前のほうが不快な症状は出やすくなります。「そういえば月に1度くらいの頻度で、体調がくずれたり、気持ちが不安定になるな…。」と思いあたる女性がいれば、pmsを疑ってセルフチェックしてみてはいかがでしょうか?

 原因は様々あるといわれていますが、基本的には、生理前の女性ホルモンの変化によるものだとされています。生理前の1週間前後には排卵があり、排卵後は体温の高い”高温期”という時期に入ります。この期間の黄体ホルモンの働きにより水分の排出がおさえられ、むくみや体重増加という代表的な症状を引き起こしたり、卵胞ホルモンの低下によるセロトニン(幸せを感じる脳内物質)の減少は、イライラやうつ状態を引き起こします。そのため、生理が始まり、女性ホルモンの状態が変化するにつれ、不快な症状がおさまっていくのが特徴です。また、現代社会におけるストレスや食生活の乱れは、症状を悪化させる要因にもなります。

 その他の症状としては、便秘や肌荒れ、頭痛や体の痛み、怒りっぽくなったり、性格が豹変してしまうこともあります。また、異様に眠くなる、甘いものが我慢できないなどの、普段とは違う心と体の異変に戸惑う女性も多いです。

 では、この症状はどうすれば軽減できるのでしょうか。一般的には、産婦人科等を受診すると、ピルを処方されることが多く、治療に役立つとされています。ピルの服用により、女性ホルモンの変化が少なくなり、心や体の安定につながるからです。しかし、症状が軽度だったり、ピルの服用に抵抗があるなどの理由から、普段の生活を改善することで、症状の緩和を目指す方も多くいらっしゃいます。

 不足しがちなビタミンやミネラルを補うため、積極的に食生活を改善することはとても大切です。糖分・塩分・カフェインなどの摂取をひかえたり、野菜をたっぷりとったり、また豆乳などの女性ホルモンに働きかける食品や漢方も、それぞれのタイプに合った摂りかたをすると大きな効果がみられる場合があります。憂鬱な気分を軽減するためには、適度な運動が効果的でしょう。また、セルフチェックなどで自分にpmsの症状が現れることを自覚し、生理前の不調は一時的なものだと気づくことで、うまく自分と付き合っていけるように心がけることもとても大事です。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by The Freelens

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ