今はおつぼね(お局)さまと呼ばれている女性も、数年前はかわいらしい新入社員でした。一体なにが彼女をあそこまで変えてしまったのか。そして、私たち後輩はおつぼねさまの横暴な態度に耐え忍ぶしかないのか。原因と対処法を探ります。

 

お局さまをひとりの女性として見る?

 

■お局さまが若い女子社員を敵視する理由

これは、おつぼねさま自身の性格やものの考え方によって違ってきます。若い子全員を敵視しているようなおつぼねさまなら、単にまだ若くて恋も仕事もいろんな可能性のあることがうらやましくて、つい意地悪をしたくなってしまうのでしょう。

 そうではなく、一部の子だけが嫌われているなら、悪いのはおつぼねさまだけとは言い切れません。もしかしたら、何度注意しても会社の規則に従わない、目上の人に向かって生意気な態度をとるなど、何か目に余る行動があった可能性もあります。

 いずれにせよ、おつぼねさまから冷たくされて困っている人は、何が原因なのかじっくり考えてみると意外な打開策が見つかるかもしれません。

■彼女がお局さまになってしまった理由

ひとつだけ確かなことは、入社してからの年数が上がるにつれて、男性社員からチヤホヤされる回数は確実に減るということです。それに加えて女だという理由だけで同期の男性に出世レースで差をつけられるなど、会社内における女性の地位は不安定なことも珍しくありません。

 さらに、プライベートで彼氏がなかなか結婚にウンと言ってくれないなど、おつぼねさまはこれでもかというぐらいのストレスにさらされています。誰しも、そんな精神状態のときに、男性社員にチヤホヤされている自分より若くてキレイな後輩に優しくする気になれるでしょうか?

「うちの職場のおつぼねさまは、絶対わざと私たちに意地悪してる!」と思ったら、おつぼねさまはもういっぱいいっぱいなのかもしれません。

■お局さまと仲良くする秘訣(ひけつ)

いくら気が合わないといっても、そこは一緒に仕事をする仲間。できることなら、せめて仕事に影響が出ない程度には仲良くしたいものですよね。

 おつぼねさまににらまれたくければ、まず、目上の人に対しての礼儀を弁(わきま)えましょう。どんなに優しくしてもらっていても、先輩は先輩。自分をちやほやする男性社員にもきちんと敬語で話し、必要以上になれなれしくしないことが大切です。そして、当たり前ですが仕事に責任を持つこと。まだやりかけなのに放置して帰ったり、すぐに人に頼ろうとしたりせず、与えられた仕事はきちっとやり遂げてください。

 そして、かわいいと思われるような後輩になること。相談に乗ってもらったり、時にはランチに誘うなど、積極的にコミュニケーションをとることで、おつぼねさまに「この子は私の敵ではない」と認識してもらうのです。

お局さまというとオフィスでの嫌われ者というイメージですが、ちゃんと一人の女性として見てみると、意外と親しみやすい一面も持っています。どうせ一緒に働くなら、いがみ合うよりも仲良くしていたほうが絶対に得! 先入観を捨てて、自分から心を開いてみてください。一度味方だと思ってもらえれば、あなたの会社生活はグッと楽なものになるはずです。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Vive La Palestina

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ