「むくみ」は、生理が始まる一週間前から終わるまでの間におこる身体の不調の一つです。

 

気にせずリラックスして

 

 この他にも、新陳代謝が落ちたり、プロゲステロンの働きにより身体が水分や脂肪をを溜め込もうとしたり、食欲がいつも以上に増加したり、精神的にも不安定な日々が続き些細なことでもイライラしてしまうなど、様々な不調が身体におこりやすくなります。

 この時期に、食事内容を見直したり、カロリーコントロールをしたり、運動やマッサージなどをしたりして、不調を解消しようとしても、身体にとっては自然な働きなので、解消されることはありません。なので、無理になんとかしようとするのではなく、女性の身体の自然な仕組みとあきらめて、なるようになるのを待つしかありません。逆に、無理になんとかしようとしてストレスと溜めたり、イライラにより暴飲暴食をしたりするのはあまり良いこととは言えないので、気にせずリラックスして時が過ぎるのを待つのが大切です。

 終わりに近づいてくると、身体の不調も自然に解消されてきます。終わってから約2週間の間は、美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンが優位に働くため、新陳代謝が上がり、体の中の水分や脂肪が抜けたり、食欲も気持ちも落ち着き、身体の不調が改善される「やせ期」に入ります。

 やせ期には、食事内容を見直したり、カロリーコントロールをしたり、適度な運動や気持ち良いマッサージをしたりすることで、効率的で効果的に不調を解消することができます。このやせ期を知るためには、毎月きちんと周期を記録することが重要となります。毎日記録を見ることで、今がやせ期なのかそうでないのかを知ることができます。やせ期かどうかが分かれば、不調がでやすい時期なのかそうでないのかが分かります。

 最近、あるものを飲むことで、むくみなどの身体に起こる不調の解消に効果があるものがあります。それは、豆乳です。生理の始まる10日間ぐらい前から、毎日、食前もしくは食間に無調整の投入を飲むことで、身体におこる不調を抑えることができます。豆乳には、大豆サポニンや大豆たんぱく質、レシチン、ビタミンB群、マグネシウム、カリウム、ビタミンE、オリゴ糖などが含まれており、これらの栄養は、ホルモンバランスを整えたり、基礎代謝を上げたり、身体が溜め込んでしまう水分や脂肪を抑制するなどの効果があり、まさに生理による不調を改善するための食べ物といえます。

 特に「むくみ」を解消するためには、毎日豆乳を飲むことと合わせて、身体を温めることで基礎代謝を上げる、しっかりと水分をとる、下半身と中心としたストレッチをおこなう、塩分や糖分の摂取を控えるなども、大切なことです。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by YangChen(TW)

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ