生理周期に合わせて体調変化が起こる、そんな経験はありませんか?

 

ホルモンの影響

 

 体調変化は人によって違ってきますが、眠くなる、身体が怠くなる、お腹の調子が悪くなるといったものが多いです。

 こういった症状はプロゲステイン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが影響しています。生理痛が起こるのもプロゲステインの影響です。プロゲステインには子宮を収縮させるはたらきがあるため、それによって痛みを感じることがあります。これは、出産時には陣痛を促す働きにもなります。

 このプロゲステインは子宮だけでなく、腸を収縮させるはたらきも持っています。これも腹痛の原因になりますし、腸の収縮が活発になることで下痢を引き起こすことも多いのです。月経に合わせて便秘や下痢が起こるといったお腹の調子の変化が起こるのはこのためです。

 食べものや飲みものに気を付けることで、ある程度は下痢予防や症状の緩和ができます。プロゲステインの生成を促すはたらきがある肉、卵や乳製品を控えるようにして、DHAやEPAといった魚油を摂取するようにしましょう。これには、サバなどの青魚がおすすめです。他に控えた方が良いのは果物です。果物に含まれる果糖は水分を腸に溜め込む性質がありますし、果物自体に水分が多いのでお腹を下しやすくなります。辛い食べものも腸に刺激を与えますので、避けた方が無難です。

 身体を冷やすとお腹が下りやすくなりますので、特に冷え症の人は普段から身体をあたためることを意識しましょう。冷たい飲みものは避けて、ホットのお茶などで内側から身体をあたためます。ただし、カフェインは身体を冷やす作用がありますので、コーヒーは控えた方が無難です。お茶にしてもルイボスティやハーブティといったノンカフェインのものが適しています。ハーブティーにジンジャーを加えることで、ノンカフェインで身体をあたためるホットティが出来ますよ。

 食べものや飲みものに気を付けて身体を冷やさないようにしていても、どうしてもお腹の調子が悪いようでしたらお腹の調子を整える薬を服用しましょう。水無しで飲める薬がありますので、これを持ち歩くようにすれば電車の中といった移動中、外出先でも服用できます。それでも調子が悪いときは、子宮筋腫などが原因になっていることも考えられます。こうした女性疾病は生理時期の体調変化と同じような症状であることが多いため、つい見逃しがちです。なかなか体調が良くならないようでしたら、病院で検査してもらいましょう。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Maria Schaefer Photography

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ