いつの時代にも必ず存在する『お局OL』。
「ああはなりたくないよね〜」なんて言っていたあの頃からはや○年。
果たして、あなたは職場の毒華、『お局OL』になっていないと言い切れますか?
もしかしたら、新人OLたちにこんなことを言われているかもしれません。

 

新人OLから叩かれる『お局OLの行動5選』

 

●その1:人の行動ばかりチェックしていませんか?

「月末の簿記整理で忙しいときに『さっきの態度、社会人としてどうかと思うよ〜』とかくどくど言われてウンザリ。
礼儀も大切だとは思うけど、私の行動をいちいちチェックしていて、むしろ『ちゃんと仕事してるんですか?』って言い返したくなる」
(22歳・経理)

○優先順位が仕事<指導になっている人、たまにいますよね。こういうタイプの先輩からは何を言われても聞く耳持ちません。

●その2:なんで休みの日程、把握してるんですか?

「部長に有給を申請したら、なぜかお局から『○日お休みとったんだ、どこか行くの?』と絡まれた。お局ってこういうときめざとい。ほっといて欲しい」
(20歳・派遣事務)

○業務連絡として当然、と思っていても、新人OLから見たら監視されているように感じるみたいですね。

●その3:本当にかわいいと思ってるんですか?

「マスコットキャラクターとかならともかく、ランチのパスタにまで「かわいい〜!」と言ってはしゃいでいる姿は正直ひく。いまどき女子高生でも言いませんけど」
(25歳・秘書)

○「かわいい」は万能ではなかったようです。自分の年齢や立場を考えて、適切な形容を口にしましょう。

●その4:おばさんって言うのやめてもらえませんか?

「ことあるごとに『おばさんなんかが頼んじゃってごめんね〜』とか言われてものすごく困る。下手にフォローできない自虐ネタはこっちがつらい」
(21歳・受付)

○「おばさんだと自覚していますよ」といったアピールなのでしょうが、言われた方は対処に困っているようです。自虐ネタはほどほどにしましょう。

●その5:賄賂ルールやめてもらえませんか?

「京都旅行に行くことを言うと『私はチョコの八ツ橋がいい!』とか言われて顔が引きつった。しかも派遣の子が辞めたあと『あの子、退職の挨拶にお菓子も用意してなかったし非常識』って言ってて驚いた。これがバブルの賄賂グセってやつ?(笑)」
(20歳・事務)

○古きよき礼儀作法も、現代のゆとり世代からすると「がめつい」のだそうです……。

 

「お局ウザい!」と言われないように気を付けて!

 

いかがでしたか。
あなたは『お局OL』の仲間入りをしていませんでしたか。
人のふり見て我がふり直せとはよく言ったものです。
生意気な新人OLたちに「お局ウザい!」と言われないように気をつけましょう!

◆「痛い女」って思われてませんか?
好感度が雲泥の差!「サバサバいい女」と「偽サバサバ女」の違い
年下男性の本音!「アラサー女性におばさんを感じる瞬間6選」

 

関連コラム

 

チャンス台無し!冬のムダ毛失敗談
男が知らない「女子トイレ事件簿」
女の敵「ぶりっこ」の正しい扱い方
彼氏ができない「惜しい女の特徴9つ」
男ウケ抜群「イイ女の言葉遣い6つ」

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 奥山いくほ
Photo by Andrea Rinaldi

ライフスタイル】の最新記事
  • 人生占い|今、あなたの「可能性」はどれだけ開花している?
  • やばっ!恋愛・仕事・お金…ぜ~んぶ行きづまった――今、私の運命どうなってる?
  • 何が充実していれば今の私は幸せになれる?
  • 「人生の方向性が定まりません…」今、あなたに必要なもの
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?