今年のクリスマスはまさかの3連休。
毎年使っていた「クリスマスって言っても仕事があるしねぇ」といういいわけが通用しないのです。 
しかし、ひとりぼっちの連休クリスマスを過ごすのはあなたひとりではありません。
それは2ちゃんねるに集う『もてない女(通称・喪女)』たち。
ひとりぼっちの先輩に、連休の乗り越え方を教えてもらいましょう。

 

喪女たちのクリスマスの過ごし方7選

 

●その1:連休と喪女

「三連休とかまじかよ……さすがにずっと家にいづれえ………」

○独り身にはもう慣れた、ただ家族の視線はまだ慣れないのです。

●その2:家族と喪女

「今年もマンガ喫茶に避難☆ もちろん家族には「友達の家でクリパする^^」って言ってあるよ… 」

○全て知っていてあえて元気に送り出してくれてる家族、と想像してみたら泣けた(泣)

●その3:妄想と喪女

「前日から2名分予約していた高級レストランに、当日1人でお目かしして向かう。
1時間くらい1人ぼっちのテーブルでキョロキョロしたり髪いじったりした後、徐々に泣き出して、いい感じのウェイターに「もし男性がここにきたらこれを渡して」とプレゼント箱(勿体ないから中身空) を預けて去る妄想してる」

○これだけ妄想の翼を広げられたらもう現実の彼氏なんていらないでしょ。

●その4:餅と喪女

「餅つき機買ったからもちつきを見守るのに忙しいもんね!!」

○クリスマスより正月の準備。日本人として誇り高きいいわけ。

●その5:イルミネーションと喪女

「イルミネーションなんて必要ない!くそ!綺麗だったなくそ!」

○素直になれない喪女心を、だれか照らしてあげて……(泣)

●その6:茶番と喪女

「クリスマスってまた今年もあるの?
いつまでこんな茶番を続けるの? 馬鹿なのなんなの死ぬの?」

○万博みたいに、各地で持ちまわり制とかどうでしょう。

●その7:アマゾンと喪女

「アマゾンめ…クリスマスギフト特集なんてメール送ってくんじゃねーーよ
まぁ、丁寧に見ましたけどもw」

○アマゾンのメールだけはすべての人々に平等に贈られるのですね、神に感謝!

(引用:「2ちゃんねる|喪女のクリスマス対策本部2011冬の陣」より)

 

おひとりさまクリスマスだって楽しめる!

 

喪女……それは強くたくましく生きる女たちのこと。
みなさん、見事におひとりさまクリスマスをネタにして楽しんでいるようです。

脳内彼氏と妄想デートを楽しむのも、憧れのケーキホール食いを楽しむのも、全てあなたの思いのままですよ!

 

関連コラム

 

最悪なクリスマスにしないコツ
ツイッターで暴露された男女の本音
彼氏ができない「惜しい女の特徴9つ」
人気マンガに習う「告白セリフ5選」
日給40万!?こんなにあった高額求人

 

おすすめ特集コラム

 

女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 海猫
Photo by DW0616

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!