機能性出血とは、月経や病変、全身疾患以外での子宮出血のことを指します。

 

子宮内膜が不規則に脱落

 

 つまり子宮がんや子宮筋腫、ポリープなどの病変がなく、また妊娠、血液疾患がないのにも関わらず膣から出血することをいいます。診断されるまでは、これらの病気や状態ではないことを確認するため様々な検査をしてから、その結果に異常がないことが判明してからとなります。

 この症状は45歳以上の女性が50パーセントを占めており、次いで思春期の女性が20パーセントとなっています。通常、原因とされているのはプロゲステロンにさらされないエストロゲンの産生から、子宮内膜増殖が起こることとされています。このプロゲステロンは黄体ホルモンであり、エストロゲンは卵胞ホルモンであります。どちらも女性ホルモンの一種ですが、共に違う作用があります。プロゲステロンは、卵胞細胞の発育抑制や子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などの役割を果たしており、一方のエストロゲンは生殖機能維持や卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの役割があります。つまり、プロゲステロンには子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達や体温上昇などと共に、他のホルモンとのバランスを調整する役割もあるのです。それが何らかの原因で、エストロゲンとのバランスが上手く取れなくなってしまう事が一番の原因とされています。

 出血は大きく2種類に分類されます。破綻出血と消退出血です。破綻出血は子宮内膜が血行障害により壊死するために起こる出血であり、エストロゲンやプロゲステロンの服用を続けたときに起こります。消退出血は、この2つのホルモンが減少した時に生じます。

 症状としては、子宮内膜が不規則に脱落することで出血が起こります。卵胞期に出血する場合は、月経時の内膜剥脱が不完全だったために、剥脱を繰り返すために起こる出血と、エストロゲン濃度が高い状態が続くとホルモンバランスが崩れてしまうため、排卵が起こらないまま子宮内膜が厚くなり、それが剥がれ落ちることによる出血です。定期的に月経が起こっていると思っていても、卵子を含まない出血、つまり機能性出血を起こしている場合があるので注意が必要です。また、ときに多量出血や長期出血を起こすことがあり、子宮内膜増殖の中でも特に異型腺腫性増殖症は子宮内膜癌の原因となるもので、ただの出血では済まされない場合もあるため注意しなければならないのであります。

 この機能性出血の治療は止血剤による薬での治療や、ホルモン療法が用いられます。また出血多量の場合は、緊急止血が行われ、稀に点滴をすることもあります。

 

関連コラム

 

女性を本当に幸せにする「愛されるより愛したい」恋愛とは?
彼氏いない歴35年の女性が一転…モテ期を呼び寄せた理由
SNSがきっかけの恋…一度は離れた彼と復縁できた体験談
婚活アプリで彼氏できる?結婚理由の3割超が「出会いはネット」
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Roberto Taddeo

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明