不妊症の治療方法には様々なものがありますが、体外受精の手法の一つに胚盤胞移植というものがあります。

 

じっくりと夫婦で話し合って

 

 これは、採卵後、5日目まで培養を延長し胚細胞まで育ててから子宮に戻すという方法のことです。通常の胚移植では採卵後3日目までに戻すのが一般的ですから、子宮に戻すまでのさらに2日の培養期間を置くという違いがあります。

 この方法の最大のメリットは、胚移植よりも着床率が高いということです。通常の胚移植の場合には原隠語2日ないし3日で肺移植を行います。このタイミングは子宮内での着床準備がまだ整いきっていないので、どうしても着床率が下がります。しかし、5日に目での移植を行う胚盤胞移植では、子宮の着床準備が最も整っている状態で移植を行うので、着床率は胚移植に比べて高くなります。さらに、より発育の進んだ胚盤胞を移植することになるので、より着床率を引き上げることになります。また着床率の高さから、移植する数を減らすこともできます。体外受精では最大3つまでのはいを移植するので、どうしても三つ子や双子などの多胎妊娠が多くなる傾向がありますが、移植胚の数そのものをを減らすことができるので、多胎妊娠の可能性を下げることができ、早産などのリスクを下げることができます。デメリットとしては、移植しようとしている3日目までの胚そのものの質が良くなければ、5日まで培養を進めても移植に適する状態まで成長しないリスクがあるという点です。ですからこの方法を利用できるかどうかは、3日目までの胚の状態によって決まることになります。また胚盤胞の培養にはとても高度な技術と専門設備が求められます。胚移植よりも2日培養期間が長くなる分、受精卵の状態によって培養環境を整えるための作業頻度が増えることになります。培養液の交換などの作業回数が増えれば増えるほど、培養自体が難しくなりますから、より高度な技術や経験が求められることになります。また費用という面でも高くなることは避けられません。また一絨毛膜性双胎の増加する傾向があるとの報告もあります。

 このように3日目までは移植可能でも、5日目まで正常に成長せず胚盤胞に至らずに、治療自体がキャンセルされる可能性もあります。胚盤胞移植にはメリットも多くありますが、デメリットも少なからずありますので、担当する病院の医師から十分に説明を受けて、じっくりと夫婦で話し合ったうえで治療法の選択を行うことが重要です。 

 

関連コラム

 

女性を本当に幸せにする「愛されるより愛したい」恋愛とは?
彼氏いない歴35年の女性が一転…モテ期を呼び寄せた理由
SNSがきっかけの恋…一度は離れた彼と復縁できた体験談
婚活アプリで彼氏できる?結婚理由の3割超が「出会いはネット」
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by roseannadana

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明