分娩のときに胎児は、自分の体が産道を通りやすいように、決まった方向に少しずつ向きを変えて回りながら進んでいきます。

 

上手くいかない原因のひとつに肥満が

 

 これを回旋といいますが、ときにはこれが適切な向きにならずに順調に分娩ができないことがあります。これを回旋異常といいます。この場合、自然分娩を中断し帝王切開に切り替えて出産することもあります。回旋の状態は大きく分けて、次のような種類があります。「反屈位」は、胎児が骨盤入口部で顎を引いて胸につけて屈んだような体勢にならず、顎を上げて反り返ったような形になることです。「前方前頭位」は、胎児の頭が横向きで産道に入り、産道を通るにつれて徐々に回転し、出る時には顔が母体の背中側を向く状態のことです。また、顔が横を向いたまま骨盤の出口付近まで進むことを「低在横定位」といいます。

 原因としては、母体の骨盤の形に異常があったり、胎児の頭が母体の骨盤の広さに対して大きすぎて産道を通りにくいことが挙げられます。陣痛が持続しているのに分娩が進行しない場合は、回旋の状態が適切でない可能性があります。また時間とともに陣痛が非常に弱くなっていったり(微弱陣痛)、また異常に強くなるような場合(過強陣痛)もあります。このような場合、分娩の進行が順調でなければ、検査として内診や超音波、またはX線による診断を行い、状態を確認し適切な分娩方法を選択することになります。自然分娩が困難と判断される場合は帝王切開に切り替えることがあります。

 自然な回転を妨げる大きな原因のひとつに肥満があげられます。肥満により脂肪が産道内について狭くなり、胎児の自然な回旋を妨げてしまいます。妊娠中は食欲が顕著に強くなることがありますが、バランスのよい食事と量に注意し、肥満にならないよう体調管理を心掛けなければいけません。また予防としては、四つん這いの姿勢をとるのがよいと言われています。これは重力の作用によって胎児の背中が母体のお臍側に向きやすいからで、妊娠中でも体に負担なく行える予防法とされています。また出産時でも回旋異常と思われるときには、四つん這いになってみるように言われることがあります。

 ちなみに回旋異常による異常分娩と判定されると、保険が使える場合もあります。そのほか緊急で帝王切開になった場合や、吸引分娩、また会陰切開をした場合も使える可能性もあります。適用になる条件は保険会社や保険の種類によっても違いますので、あらかじめ保険内容を検討したり確認しておくことも大切です。

 

関連コラム

 

女性を本当に幸せにする「愛されるより愛したい」恋愛とは?
30歳まで絶対結婚…崖っぷち女子が幸せを手にした方法
不倫相手の奥さんに嫉妬…ツラい恋から得た「本当の幸せ」
「運命の人」の見極め方…忘れていた気持ちが生んだ奇跡
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Greyerbaby

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明