女性の場合、初経が始まったらそこから長い年月の間、生理と付き合っていくことになります。

 

必ず病院に行って相談

 

 正常な場合であれば、月経は25日から30日くらいの期間ごとの一定の周期で規則的に起こります。ですが人によっては、月経が来るたびに痛みに悩まされるというケースも多くあるのです。

 もしも生理で痛みを感じるという人であれば、大事な予定が入っている日と、月経に重ならないでほしいと考えている人も多くいます。例えば旅行や結婚式などの大切な予定が入っていたとしても、月経で痛みがあると、痛みに悩まされるだけでその人が終わってしまうということもあるのです。もしもそのような日になってしまった場合、素敵な想い出となるはずの日が、最悪の想い出になってしまうということもあります。月経自体が悪いものというわけではないのですが、嫌なものとなってしまうという人もいるのです。

 月経が一定周期で訪れるということは、健康な証拠でもあるのでいいことです。ですが大切な予定があるという人にとっては、周期を遅らせる方法はないのかと考える人もいます。現代社会においては周期を遅らせたいと考えている場合であれば、医学の進歩によって周期を調節することもできるのです。

 実際に周期を遅らせたいという場合であれば、まずはお医者さんのところに行って相談するということが大切なことになります。そして周期を調節したい理由や自分の健康状態などをチェックしてもらったうえで、調節するということが大切なことになるのです。それらの自分の状態を確認したうえで、具体的な方法を実行していくということが大切なのです。

 実際に生理を遅らせるための方法として、薬を利用するという選択肢があります。お医者さんに処方された薬を月経予定日の5日くらい前から服用します。薬を服用することによって、月経の予定日を遅らせることが可能となっているのです。薬の服用をやめたら、2〜3日で月経が訪れます。そして月経が再開した日から再び周期が始まることになるので、月経への影響を心配せずに周期を変えることも可能となっているのです。

 実際に周期の調節を考えている場合であれば、必ず病院に行って相談することが大切です。正しい方法で薬を利用して、自分に合った形で周期を調節することが大切になるのです。特に周期が一定でない方の場合には、思うように効果が得られないというケースも存在しています。だからこそ、まずは病院での相談が大切になるのです。

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
30歳まで絶対結婚…崖っぷち女子が幸せを手にした方法
不倫相手の奥さんに嫉妬…ツラい恋から得た「本当の幸せ」
「運命の人」の見極め方…忘れていた気持ちが生んだ奇跡
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by StephaniePetraPhoto

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明