生理が来ると様々な体の異変が起きますよね?

 

野菜や魚中心の食事を

 

 お腹が張ったり、腰痛や肩こりなどむくみもひどくなったり人それぞれで、腹痛で苦しみ会社や学校に行けない人もいるぐらいです。

 そんな生理中の体調不良の中に、下痢もあります。

 月経前や月経が始まると下痢が止まらないのは、女性ホルモンが多く関わっていてそんなに深刻にならなくて大丈夫なんですよ。まず、生理前になるとお腹が張って便秘になる方って多いですよね。これは、排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロジェスティン)が原因で引き起こされます。この黄体ホルモンが分泌されると、体内に塩分や水分を溜め込んでしまうので、腸も便から水分を吸収してしまうのです。そのため、便が固くなり便秘になってしまうというわけです。

 また、この黄体ホルモンは、食欲を増進させてしまうホルモンですので、よく月経前に甘いものを欲しくなったり、ものすごくお腹がすいてしまうのは、このホルモンが影響しているのです。ただし、この黄体ホルモンは、月経直前や月経中は分泌されなくなるので、便秘にはなりにくくなります。その代りにプロスタグランディンというホルモンに似た物質が分泌されるのです。この物質は、女性の子宮内部で分泌される痛み物質で、最近の研究では月経痛の重要因子であることが分かってきました。これによって女性は月経痛を起こしていたのですね。主な働きは、子宮内の不要になった内膜を外へ押し出す働きをするのです。これが、過剰に分泌されると、子宮の収縮が必要以上に強くなり、月経痛や腰痛を引き起こしてしまうのです。このプロスタグランディンは、アラキドン酸という物質と深い関わりがあります。このアラキドン酸の摂取を控えれば、月経痛などのつらい症状を緩和できると考えられています。アラキドン酸を多く含む食べ物は、肉、卵、乳製品ですので、これらを抑えて野菜や魚中心の食事を心がけるといいのではないでしょうか?また月経中の下痢の緩和に一番効果のある対処法は、収縮して緊張した子宮や腸の血管をほぐしてあげることだと言います。要するに温めてあげることです。簡単なストレッチも効果的な方法です。体全体をほぐして血流を良くすることも大切ですよね。そういう意味では、ゆっくり入浴するのもいいでしょう。もし、ストレッチも出来ないほど痛みがひどい場合は、無理をせずに薬を飲むことも一つの方法です。あまり薬は飲みたくないと言う方もいらっしゃるでしょうが、我慢するのはよくありませんからね。早めの対処がいいそうですよ。

 

関連コラム

 

好きな人に相手がいても諦めきれない…禁断の恋を成就させる方法
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「もう二度と復縁はない」と言われた元彼とヨリを戻す方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明