外陰とは性器の外側の部分の総称で、大陰唇や小陰唇、陰核等の総称をいいます。

 

パートナーも一緒に検査

 

 外陰炎とは、その外陰に細菌やウイルス、カビなどが繁殖してその病原菌が感染したりする症状で膣炎と合併しておきるのが多い病気です。またその症状は体の抵抗力が弱っているときにも起こりやすく、急性・慢性の炎症を引き起こした状態です。外陰炎を起こしやすい人は、アレルギーのある人や糖尿病の人、さらに老人や子供のような皮膚や粘膜が弱い人もかかりやすい病気です。妊婦や産褥期の女性もかかりやすいので注意が必要です。

 症状の表れ方は、かゆみや痛みが外陰部から起き赤くはれたりします。かいたあとに細菌感染するとさらに症状は悪化します。また慢性化するとがんこなかゆみが続き皮膚や粘膜が白っぽくなってしまいます。このようなかゆみを感じたら産婦人科に行って検査と診断をしてもらいます。検査は所見をして外陰部から病原体を検出して診断します。治療方法はかゆみにはステロイドや抗ヒスタミンが含まれている軟膏やクリームを塗ります。石鹸は刺激が強いのでぬるま湯で洗ってから軟膏やクリームをつけるようにします。また老人のように粘膜の弱い人には、ホルモン剤を投与して粘膜の強化を図ります。

 女性特有の病気なので外陰部にかゆみを感じたら産婦人科に行って診断してもらいましょう。2〜3日続くかゆみであれば病院に行くことをお薦めします。またそのかゆみが三カ月も続くようであれば、悪性の病変も考えられるので必ず病院に行く必要があります。

 また外陰炎にならないようにするためには、いつも外陰部を清潔にしておきましょう。下着はよく洗ったものを使用してこまめに取り替えるようにします。外陰部を清潔にしておくことが一番の予防法で不衛生な状態にしておくと症状が悪化してしまいます。通気性の悪い下着や生理時の血液が付着した下着などは履かないようにして、生理用品や下着による摩擦などにも注意する必要があります。

 症状が出てしまったらパートナーも一緒に検査してもらうことが再発防止につながります。また早期発見・早期治療が大切なので症状が軽いからといって受診しないでいると、症状が悪化してしまったり他の人に感染したりしてしまうので必ず病院に受診しましょう。この病気は慢性化しやすいので、一度感染してしまったら治療が終わってもいつも外陰部を清潔にしておく必要があります。またひっかき傷などから感染する場合もあるので外陰部はなるべく傷をつけないでおく必要があります。

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
30歳まで絶対結婚…崖っぷち女子が幸せを手にした方法
不倫相手の奥さんに嫉妬…ツラい恋から得た「本当の幸せ」
「運命の人」の見極め方…忘れていた気持ちが生んだ奇跡
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明