私は、以前から生理不順に悩まされていました。

 

子宮内膜症の疑いが

 

 2か月遅れるのは当たり前で、逆に1カ月内に2回以上月経が来るなんてこともありました。特に悩まされたのが、1ヶ月間月経が終わらない事が多々ありました。それに伴い、月経痛が酷いため1カ月間辛い思いをし、痛みが酷過ぎて市販の痛み止めも効かず学校も休んだ時期もありました。また、月日が経つと共に酷くなる一方で本当に辛かったのを覚えています。

 生理不順を治すきっかけになったのは、友人に相談した事でした。中学生の時などはやはり同じ女子であれ月経の事を相談するのは恥ずかしかったのと、まだ月経が来ていない女子もいたのとで相談が出来ないでいました。ですが、高校生にもなると、自分が人とは違う事を改めて感じ、女子高だったというのもあり友人に相談をしました。現代では、女性特有の病気を早期発見する為、国や市で検査をするようにはがきが届きますが、私たちが学生の頃は、学生が産婦人科に行くと言う行為が若干冷たい目で見られている感じがあったのでなかなか病院に行く事が出来ませんでした。そんな時に、相談した友人に教えてもらったのが産婦人科ではなく婦人科でした。産婦人科は妊婦さんが多く、妊娠してない学生の自分は気まずく待ち時間も長いのに対して婦人科であれば不妊治療に悩まれていたり、生理不順に悩んでる妊娠をしていない人が多いので行きやすい事を知りました。

 さっそく教えてもらった婦人科に行き、診察をしてもらったところ「子宮内膜症」の疑いがあるとのことでした。今までの、不順も子宮内膜症からきている可能性があり、月経が終わらないのもホルモンのバランスが崩れてなっている事が解りました。それからは、ピルを服用しきちんと決まった週数で月経が来るようにしました。そのおかげで、月経痛も緩和され月経が長引くなんてこともなくなりました。ですが、ピルにも種類があり自分と合わないと副作用で「吐き気・嘔吐」で悩まされた経験もありました。その時は、きちんと先生に事情を話し薬を変えてもらいました。また、薬だけに頼るのではなくホルモンのバランスを崩さないよう生活習慣や偏食にならないよう気を付けた所、今では手術をしないと治らない・子供を産めないとまで言われた私が完治し新しい命を授かる事が出来ました。学生時代に、友人に相談しきちんと病院に行ったおかげで現在の私があります。本当に良かったと思いますし、友人にも凄く感謝をしています。

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Vũ Vật Vã|Photography - 01866864180

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明