今は誰でも異常分娩をする可能性があり、大きな病院でしたらどこでもその対処法を心得ています。

 

しっかり情報を集めて

 

 では、もし自分のお産が正常にはいかないのだとしたら、どのような心構えが必要なのでしょうか。

 異常分娩で最も頻繁に起こっているのは逆子の出産です。これは通常の場合と同様、自然分娩ができる可能性もありますが、吸引や鉗子を用いたり、帝王切開になる場合もあります。妊婦さんの体の状態や胎児の状態によってどの方法を取るかが決定されますから、少しでも体に異常を感じたら必ず医師に相談し、最適な出産方法を選ばなくてはなりません。

 また、多胎児の出産も増えています。双子や三つ子は、逆子や未熟児を含むケースが多く、どのような出産方法になるかは人それぞれです。大切なことは、ゆっくりと休養を取り、できたら長めに入院期間を取って、子供が安全に生まれてくる環境を整えることです。また、どのような方法で子供を取り出すのか、事前に医師と入念に確認を取っておきましょう。また、出産は通常分娩より大変ですから、誰が立ち会うのかをしっかり考えなくてはなりません。夫に立ち会ってもらえば心強いでしょうが、逆に家族を呼びすぎると、出産を終える前に力を使いすぎてしまったり、生まれた赤ちゃんに何らかの処置が必要だった場合、カメラやビデオが邪魔になってしまうケースもあります。なるべく少ない立ち会い者の元、落ち着いた出産ができるようにしましょう。

 現在は病院でバースプランを決めることができ、帝王切開と自然分娩のどちらを望むのか、産後のケアはどうしたいかを自分で決めることができます。しかし、よほど強い希望がない限り医師に相談し、決めてもらう方が望ましいでしょう。また、胎児に何らかの問題があり、早めに入院している場合などは、他の入院患者で同じような状況の人と積極的に情報交換をし、どのような不測の事態が起こりうるか、どのような準備をしておけばよいのかを事前に確認しておくことも大切です。そして何より、異常分娩になるからと恐れをなしてしまい、ストレスを感じては母体にも胎児にも悪影響です。信頼できる医療チームや家族の支えを得て、自信を持って出産に臨むことが何より重要と言えるでしょう。

 最近は高齢出産も増え、その分正常分娩も少なくなりました。こうしたリスクを伴うお産は何が起こるか分かりませんから、しっかり情報を集め、心構えを持って万全な準備をしておきましょう。

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by swambo

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明