結婚して2年近く経っても全く子供が出来る気配がなく不妊治療を検討している矢先に、不正出血が頻繁に起きるようになりました。

 

原因は子宮内膜にできたポリープ

 

 元々生理痛はほとんどなく、不正出血と言っても腹痛などの何らかの症状があるわけでもなく、ただ出血がダラダラ続き非常に気味の悪い状態だったので不安になり、総合病院の婦人科に行きました。不妊治療も希望している旨を伝えると、不妊治療に沿った検査も行ってくれることになったので、不妊治療の流れや治療内容の説明を婦人科の看護師さんからパンフレットを用いて説明を受けました。

 私の受けた超音波検査は経膣なので、内診台に乗って行います。経腹のものもあるようですが、そちらは行いませんでした。経腹は主に妊婦さんが受けるものだそうです。不正出血の原因や他の問題がないかを調べたり、あとは不妊治療で大事な卵子の発達具合や子宮内膜の厚さなど、本当にいろいろなことが経膣超音波検査で分かるものなのだと知って、毎回検査で分かることが楽しみにもなりました。私が行った病院では超音波検査ではピンポイントでその場所の写真を撮ってくれたので、検査後にその写真を見ながら説明をしてくれます。卵子の発達具合や、子宮内部など、見たことがなかったのでとても驚きました。

 総合病院ならではだと思いますが、行ったときに診察してくれる先生が変わる場合があります。そのため、先生によってはすごく痛かったり、ほとんど痛みがなかったりと、先生の経験値や技術力によって検査時の痛み方に差があるのです。痛みが強いとどうしても身体に力が入ってしまい、そのせいで機械操作が難しくなるのか余計痛みが強くなります。そして検査後もしばらく子宮の奥の方がシクシクと痛むような感覚がしばらく続くことがありました。検査で痛くなるときは何となく感覚で、痛くなりそうだということが分かります。痛い時はお腹でゆっくりと呼吸するようにしてリラックスできるように心がけると少し痛みが和らぐことが分かり、それからは痛い先生に当たっても検査中に激痛が走ったり痛みが残るようなことはなくなりました。

 結局私の不正出血の原因は子宮内膜にできたポリープでした。ポリープは3つもあり、結構大きなものが団子のようにつながっていたのを画像で見せてもらいました。後日に?爬術を受け、ポリープを?き出しました。癌でなくて安心はしましたが、ポリープが体内にあってもあまり良いことではないので原因が分かり手術も無事に終わったのでホッとしています。しかし不妊治療はまだ継続しているので、今後も定期的に検査を受けると思いますが、検査を受けることで異常はすぐに発見できるので大事には至らないという安心感があります。

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
Written&Photo by bangshowbiz

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明