生理中にひどい吐き気や頭の痛みを引き起こす女性は数多くいますが、その繰り返し起こる頭の痛みは実はエストロゲンという卵胞ホルモンが関係しています。

 

セロトニンも減少が関係

 

 女性は月経の周期によってこのエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が大きく変化をします。生理周期によってこのエストロゲンの分泌量が急激に変化すると減少した時に脳内のセロトニンも減少します。そして脳内のセロトニンの減少により、血管が拡張するので頭痛が起きてしまうのです。

 月経周期の頭の痛みの特徴としては、体を動かすとより痛んだり、脈拍に合わせてズキンズキンと痛みがでたりします。また頭の痛みとともに吐き気や目がチカチカするといった症状もあらわれたりします。

 頭の痛みの種類は、血管の拡張による痛みと筋肉の緊張による痛みの二種類があります。血管の拡張による痛みは、脈に合わせてガンガン痛んだりズキズキ痛むのが特徴で片頭痛などがあります。これは頭の血管が拡張することによって、神経を刺激することによって痛む症状です。筋肉の緊張による痛みは、頭が締め付けられるような痛みで圧迫感や重圧感を感じるのが特徴で緊張型頭痛といわれています。

 月経周期によって起こる頭の痛みの特徴は、月経に伴って起こり普段より症状が重いのが特徴です。また持続時間が長く再発しやすいのも特徴です。月経周期によって起こる頭の痛みなので、妊娠時には症状が起きにくいのですが、出産後は再び症状が現れます。

 そして月経が原因による頭の痛みは早めに医師に相談するのが得策です。病院に行かないで市販の薬を使い続けていると、効果が不十分な鎮痛剤を飲み続け薬物乱用になってしまう恐れがあるからです。月経時の頭の痛みに効く薬はトリプタン系の薬剤を使用することが薦められています。それは月経時の頭の痛みは一般のものより重症度が高いからです。

 月経時の頭の痛みの診断基準としては、月経開始日の2日前から2日後の間にだけ発生し、月経周期の三回のうち二回に症状が感じられその他の時期には感じられない場合が基準になります。他にもピルを服用することによって頭の痛みが発症する可能性があります。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれているのでやはりエストロゲンの量が低下する時期に症状を感じやすくなりますので注意が必要です。ピルは21日間服用して7日間は休薬しますのでその休薬期間に頭の痛みを感じやすくなってしまいます。

 

関連コラム

 

好きな人に相手がいても諦めきれない…禁断の恋を成就させる方法
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
Written&Photo by bangshowbiz

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明