多くの人が悩んでいるといわれる関節の痛みですが、なりやすい人や原因はさまざまです。

 

さまざまな病気が隠れていることも

 

 スポーツをしすぎることで起きるものや、若い女性はなりにくい痛風、加齢や肥満によるものなど多岐にわたります。

 このほかに、特に女性がなりやすい関節痛もあります。なかでも特に有名なのが関節リウマチで、現在日本では60〜70万人の患者さんがいるといわれています。男女差があることでも知られ、女性の患者さんは男性の3〜4倍ともいわれます。主に30代から50代での発病が多いのですが、その他の年代でも発症します。関節リウマチの原因は完全に解明されていませんが、免疫の異常によって引き起こされる自己免疫疾患ではないかと考えられています。これは、自分の細胞や組織を攻撃してしてしまうことで起きる病気で、この免疫をコントロールすることが治療の柱となります。自己免疫疾患には、他に全身性エリトマトーデスなど、関節炎を伴うことが多い病気もあります。

 関節リウマチの初期には、関節の痛みをはじめ、血液の異常や軽い貧血が起こることがあります。このような症状は他の病気にもみられるので、初期に診断をするのが難しい病気でもあります。特徴的な症状としては、朝のこわばりがあります。関節リウマチの場合、朝起床してから指が曲げ辛いなどの症状が1時間以上続くことが多いといわれ、これで異常を感じ始める方も多いようです。また、3か所以上の関節に炎症と腫れががある、関節の炎症が左右対称である、ひじやひざなどに結節と呼ばれるコブのようなものが出来る、などが特徴的な自覚症状となります。また、炎症が起きやすい関節としては、指の第二関節、指の付け根の第三関節、手首の関節が多いとされます。このような症状がある場合は早めに整形外科などを受診することが望ましく、血液検査やX線検査を行い、関節リウマチに特徴的な因子や骨の破壊などがないかを調べます。

 関節リウマチの経過としては、約3割の方は1〜2年で治ったような、寛解と呼ばれる状態になります。1割程度の方は、発症してから短期間で症状が進んでしまい、変形などが悪化してしまうといわれます。多くの患者さんは、良い時と悪い時を繰り返しながら、徐々に関節の変形が進んでいきます。

 関節リウマチの治療は、抗リウマチ薬という免疫異常に効果のある薬を中心に、症状に合わせて痛みや炎症を抑える薬を使います。これらの薬にはコントロールが難しいものもあるので、医師の指示通りに服用することが大変重要です。また無理な動きをしない、運動や安静を適切に組み合わせることなど、日常生活でも関節に負担をかけないようにします。

 関節の痛みが続く場合はさまざまな病気が隠れていることもあります。関節リウマチの場合に限らず、初期の治療が重要ですので、違和感を感じたら早めに受診しましょう。

 

関連コラム

 

好きな人に相手がいても諦めきれない…禁断の恋を成就させる方法
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
女性の見た目年齢は「毛穴ケア」から…今から美肌対策を!
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
Written&Photo by bangshowbiz

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明