突然ですが、ハイジニーナ脱毛をご存じですか?
 
ハイジニーナ脱毛とは、VIOラインのすべてをツルツルにしてしまう脱毛のこと。
 
日本人にとっては「大胆!」と感じる人も少なくないでしょうが、海外では主流だという声もあります。
実際、海外の脱毛事情はどうなっているのでしょうか。
 
国によって違う脱毛事情をご紹介します。
 

ワックスでの脱毛が主流

 
ハイジニーナは、別名ブラジリアン脱毛といい、日本の脱毛サロンでも多くみられるようになってきました。
アメリカなどの欧米では、このVIOラインをツルツルに脱毛してしまう人も珍しくないそうです。
 
日本でもドラマ「セックスアンドザシティ」から話題になったと言われています。
 
アメリカやオーストラリアなどでは女性のムダ毛は厳禁。
とくに水着を着るとき、ちょっとでも生えていると恥ずかしいとみなされることもあるそうです。
 
ですがヨーロッパでは、国や人によってさまざまで、まったくムダ毛をそらない人から、ハイジニーナをしている人までいます。
 
欧米ではどのような脱毛法が用いられているのかというと、基本的にはワックスです。
永久脱毛というものはほとんど見ることができません。
 
日本では、光脱毛やレーザー脱毛など何回か通えばムダ毛が生えてこなくなる、技術の進化したものが主流ですが、驚くことに欧米ではワックスを塗って、ぺりっとはがす原始的なものが主流となっています。

肌の色や体質によって脱毛方法が変わる

 
レーザー脱毛や光脱毛が海外で主流でないのには、理由があります。
それは、毛の色や肌の色に関係あります。レーザー脱毛などで毛を抜く原理ですが、光が毛の黒い色、すなわちメラニンに反応して光を毛に集めその熱で焼き切ります。
 
そのため、毛と肌の色に違いがなければ難しく、日本人でも真っ黒に日焼けをしている場合は脱毛ができないのです。
 
肌と毛の色が異なる日本人と違って金髪の毛だったり、肌が褐色だったりという人が多いため、レーザーは主流になっていなかったと言います。
 
日本では、かなり安価でレーザー脱毛を行うことができるので、お得です。
 

おわりに

 
ワックスでの脱毛が主流のアメリカですが、レーザー脱毛の技術も徐々に進み始めています。
 
ビヨンセやキム・カーダシアンなどもみんなレーザーで永久脱毛をしているそうです。
 
また、胸毛は男の象徴というイメージもあるアメリカですが、最近では彼氏に胸毛の脱毛をすすめる女性も多いよう。
清潔感を重視する風潮が、世界中で高まっているみたいですね。
 
(yummy!編集部)
 


 
■脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
■ツルツルはあり? なし? ハイジニーナ脱毛に対する男の本音
■謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

ライフスタイル】の最新記事
  • こんな女性は要注意――男性がドン引きする「女性の金銭感覚!」とは?
  • 平成、令和男性にはない「昭和男性の漢気!」とは?
  • 20代、30代、40代【年代別】女性が自分の年齢を実感する瞬間とは?
  • 目から生気が抜けるほどの脱力感「目がビー玉になった瞬間」っていつ?
  • デカパン、パンチラ、スケパン……パンツで赤っ恥(汗)――パンツにまつわる、あるあるエピソード6選
  • 鎌倉時代の忘年会が過酷すぎる――知られざる「忘年会の起源」
  • 「罪悪感のある習慣」をやめてスッキリ! 悪習慣を断ち切る4つのヒント
  • やめときゃよかった! 田舎暮らしに憧れた旦那との想定外エピソード5選