セルライト”と聞けば、反応しない女子はいないのでは。
この女子の敵であるセルライト、太ももやヒップラインといった皮下脂肪の多いところにつきやすく、見た目は、ひび割れのような、ボコボコ。実態はまさに脂肪の塊。
 
激ヤバ! とまではいなくても、軽くヤバい……と思っている人も多いでしょう。
そもそもこのセルライトがどういうものか、しっかり理解することが撲滅のカギです。
 

セルライトは悪魔のような存在

 
セルライトとは、フランス語のcellule(細胞)と、ite(鉱物)を組み合わせた造語。
原因は、運動不足や血行不良、加齢などで脂肪細胞の代謝が衰え、老廃物を巻き込んで肥大化するとともに、その周囲の組織を繊維化して作られるのです。
 
つまり、できてしまった1つのセルライトを元に、さらに血行不良が引き起こされ、脂肪細胞同士がくっつき、加速度的に増殖してしまう悪魔のような存在。
 
セルライトは、脂肪と老廃物、コラーゲンが固まったもので、なかなか代謝されにくく、いくらダイエットやエクササイズをしても、解消が難しいのも憎たらしいところ。あきらかに肥満気味の人はもちろん、太っていなくても皮下脂肪の多い太ももやお尻、二の腕にセルライトができている人も比較的多いもの。
 
あんなに細い、ヴィクトリア・ベッカムやジェニファ・ロペスの太もも裏に張りついたセルライトも確認され話題に。

セルライトを撲滅するには?

 
見た目が最悪のセルライトをどう撲滅していけばいいのでしょうか。
手軽にエステもいいけど、まずはセルフケアで頑張ってみませんか?
 
いままでのお気楽ストレッチから、真剣エクササイズになるけれど、効果は抜群です。下半身全体の引き締めに効果を感じられる動きなので、これさえちゃんと実践していれば、セルライトの増殖を防げるだけでなく、ゆるみやすいお尻周りも締めていけますよ。
 

セルライトを撲滅する有酸素運動

 
では、ここからセルライト対処法をお伝えします。
 
今回紹介するのは、有酸素運動。
有酸素運動とは、酸素を消費し十分な呼吸を確保しながらできる運動で、ウォーキングやジョギングが代表的です。
 
有酸素運動をすることで、脂肪を効率よく燃焼しながら脂肪をエネルギー源として運動できるので、セルライトの大元である脂肪の蓄積を防ぎます。これに効果的な動作をプラスして、太ももの裏のでこぼこを、ツルンとしたやわらか肌に戻してあげましょう。
 
では、早速動きをご紹介します。
 
1.両足は腰幅くらいに開き、そこから前後に大きく開きます。
このとき、前足のつま先はまっすぐ前に向けるように意識し、腰に手を当てます。
 
2.ゆっくり息を吐きながら、前足が90度になるところまで腰を下ろします。
後ろ足の膝は床につけないように、注意!
また、このとき前膝がつま先よりも前に出過ぎると、膝を痛めることがあるので、足の幅を大きく開いてください。
そのほうが太ももにもしっかりと効きます。
 
左右15回ずつを目安に2セットを目標にチャレンジ!

エクササイズでセルライトを撲滅しよう!

 
太ももやお尻まわりって、年齢とともにゆるみやすいところ。
悪のかたまりセルライトを撲滅して、高めのヒールにミニワンピスタイルも楽しめることでしょう。
コツコツとエクササイズを頑張っていきましょう!
 
(yummy!編集部)
 
■運動で下半身デブに!?原因は筋肉痛かも…脚ほぐしストレッチ
■体質づくりでダイエット不要な体に!太りにくいカラダの作り方を紹介!
■朝活に最適!1日20分のヨガが仕事の効率を大幅アップさせる
 

公開日:2012年12月23日
更新日:2019年11月20日


 

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!