手足が冷たくて、夏でも靴下が手放せない冷え症。さまざまな体調不良の原因にもなるし、本当につらいですよね。でも「体質だからしょうがない」とあきらめる必要はありません。今回は、冷え症をじわじわと改善するための方法を紹介します。

 

まずは規則正しい生活から

 

■冷え症の原因ってなに?

 冷え症の原因はいくつかありますが、運動不足、食生活の偏り、自律神経の乱れ、体を締め付ける衣服などが主なものです。
普段あまり運動をしない人は血液の流れが悪くなり、筋肉も衰えてしまいます。そうすると、心臓が全身に血液を送り出すポンプの役目をじゅうぶんに果たせなくなって体が冷えるのです。
また、インスタント食品やお菓子などの手軽に食べられるものは体を冷やす陰性食品だし、エアコンの使い過ぎは自律神経の乱れを招いて体温調節の苦手な体にしてしまいます。そして、体を締め付ける素材の服は、体を圧迫して血液の流れを妨げるということが分かっています。

■冷え症を改善する方法

 つらい冷え症を改善するには、まず規則正しい生活に変えることが大切です。夜更かしも自律神経の乱れを招く原因になるので、早寝早起きを心がけましょう。
そして、体を温める効果のある陽性食品(肉類、魚類、チーズ、納豆、根菜類など)を中心とした栄養バランスのよい食事を、1日3食しっかりとるようにしてください。
できれば朝食の後、30分ぐらい軽い運動をすると効果的。衣服はできるだけ体を締め付けないゆったりしたものを選び、エアコンが効きすぎている場所ではカーディガンをはおるなどの自衛策をとりましょう。

■飲み物にもこだわろう

 「夏でも体が冷える」という人の中には、体を冷やす白砂糖がたっぷり入った甘いジュースを、冷蔵庫でキンキンに冷やしてがぶがぶ飲んでいる人が少なくありません。確かに、暑い日のジュースはなによりのごちそうですが、1日に何度も水代わりに飲んでいれば冷え症になるのも無理はありません。
また、カフェインを含む紅茶やコーヒーも冷えの原因。交感神経を刺激して血管が収縮し、血流が悪くなるので、飲みすぎないようにしましょう。
冷え症の人におすすめの飲み物は「白湯」です。ただのお湯なので飲みすぎても太る心配がなく、しかもじんわりと内臓を温めて体の中からポカポカさせてくれます。飲み続けるうちに代謝がよくなりだんだんと冷えにくい体質に変わっていくので、ボトルに入れて持ち歩き、のどが渇いたときに飲むと良いでしょう。

 冷え症を改善するには、こうした基本的なことを冷えにくいものに変えることが大切です。エアコンの効いた部屋でお菓子を食べながら夜更かし……なんていう生活を続けていると、あっという間に体は冷えてしまうので気を付けてください。

 

関連コラム

 

「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
復縁、不倫、略奪婚……ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
人生が一転! あなたの出会いを叶える場所と方法は!?
恋愛ってどう進めればいいの?恋愛で失敗しないための秘術
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Hoàng Duy Khang - 0932.042.042 (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得
  • 職場でのマウンティング~仕事のライバル?対等の関係?身近な女性社員編
  • 女性だから冷え性は当たり前ではないのです!愛されるあったか女子を目指せ!
  • ツライ肩コリを今すぐ解消! キーワードは「天使の羽根」
  • イタイ! いつまでも若者気分が抜けていない女性の言動
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」
  • GoTo!恋人との初旅行での失敗話