若者が難なく使いこなすメールも、団塊世代にとってはちんぷんかんぷんな代物。本人はうまく使いこなしているつもりでも、受け取った側は大爆笑! というのもよくある話です。
また、笑える中にも温かい愛情を感じてジーンとすることも。今回は、お母さんからのメールでありがちな、思わずほほ笑んでしまうエピソードを集めてみました。

 

お母さんの意外な素顔

 

■本文がすべてひらがな

 変換機能がうまく使いこなせないお母さんはたくさんいます。そのため、本文がすべてひらがなになり、何とも読みづらいメールに。かわいいけど、読むのに時間がかかる!

■初めての試みにドヤ顔

 「初写真」というタイトルのメールが送られてきたと思ったら、ドヤ顔で自撮りしたお母さんの画像が添付されている。携帯やスマホでちゃんと写真が撮れたことも自慢なら、それをメールに添付することに成功したことも、誰かに言いたくて仕方ありません。

■ささいな日常が送られてくる

 「今日は、天気が良かったので近所をお散歩しました」「隣の山田さんちに赤ちゃんが生まれました」というように、日常の何気ない出来事をメールに書いて送ってくる。離れて暮らす娘に近況を知らせ、元気でいると伝えたいという親心ですね。

■返事を返さずにいるとすねてしまう

 お母さんからメールが届いていたことには気付いているけど、忙しくてつい放置してしまった。こんなことが続くと、お母さんはすねます。はじめは「仕事が忙しいのですか?」と控えめな表現だったのが、放置が長引くにつれて「返事をください」「お母さんは怒っています」と直接的な表現に変わっていきます。本格的にすねてしまう前に、返信を!

■決まった絵文字しか使わない

 「ケンカしたら、お父さんが家を出ていきました(‐^▽^‐)?」「階段から落ちて骨折しました(‐^▽^‐)?」どんなに悲惨な内容でも、絵文字はにっこりマーク。

■なぜか軍隊口調

 「お盆は帰ってくるのか」→「少し帰るよ」→「そうか。土産は買うのか」→「買うつもりだよ」→「じゃあ、隣の佐々木さんちの分も買ってこい」→「分かった」というように、語尾がすべて軍隊の上官もどき。

■いくつになっても子供が心配

 「ちゃんとごはん作って食べてますか?」に始まり「帰り道は暗いので気を付けるように」「今日は寒いからコタツに入ってね!」など、けっこう細かい内容のメールがバンバン届きます。離れて暮らしていると、なおさら子供の様子が気がかりなんでしょうね。時にはうっとうしいこともあるけど、こんなに愛されて幸せです。

 お母さんとメールするなんて、一昔前では考えられないことでした。電話しか連絡手段がなかった頃とはちがい、お母さんの意外な素顔が発見できるのもメールのいいところですよね。きっと、一番うれしい子供からの返事は「今日帰ります」なんでしょう。

 

関連コラム

 

思いもよらぬ言葉が愛を成就「星の王子様とニューヨークに行く」
人見知りで99%諦めていた恋愛運を上昇させ結婚につなげる方法
なぜ恋人ができない?アラサー女子に恋人ができない理由
「モテる女ってどんな女!?」飲み会の席でモテる女の特徴
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by danigeza

ライフスタイル】の最新記事
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!
  • 真夏のホラー|本当はこわい「色情霊」妙にリアルでエッチな夢を見たら?