組織の中で仕事をしていくには、目上の人にかわいがられることも大切。その職場ならではのルールを教えてくれたり、困ったときに相談に乗ってくれたりと、うまく付き合えば付き合うほど仕事もやりやすくなるし、会社自体も楽しくなります。今回は、目上の人に好かれるコツをまとめてみました!

 

明るく前向きで謙虚な態度をとることが大切

 

■遠慮しすぎない

後輩として、節度のある態度をとることは大事ですが、先輩や上司に誘われる度に恐縮して断るのは逆に失礼です。「なんだ、せっかく誘ってやってるのに。かわいくないな」と思われるので気を付けましょう。
目上の人からの誘いは可能な限り受け、後輩らしく場を盛り上げる気遣いを見せればそれでいいのです。お酒が入ると若い人に説教をしたり、しつこく絡んだりする人もいますが、場数を踏むうちにあしらい方も分かってきます。

■困ったときは、素直に相談する

「仕事のできないやつだと思われたくない」「忙しそうだから話しかけられない」このような理由で、何か行き詰まっていても1人で抱え込んでしまう人がいます。しかし、まだ経験の浅い人が自分だけの力でどうにかしようとしても無理。会社に迷惑をかけないためにも、なるべく早い段階で先輩や上司に相談しましょう。素直に頼ってくれる後輩というのはかわいいものです。

■仕事をえり好みしない

仕事をしていれば、時には退屈な雑用を頼まれることもあります。こんなときは、できるだけ笑顔で「ハイッ、すぐやります!」と動くようにしましょう。どうしても手が離せないときは、正直に「すみません、今ちょっと手が離せないので、後からでもよろしいですか?」と言ってしまってかまいません。要は、どんな仕事も前向きに取り組む姿勢を見せることが大切なのです。

■謙虚な態度を崩さない

どんなに人気者でも、どんなに仕事ができても、自分のポジションが「後輩」なのだということを忘れてはいけません。てんぐになってでかい態度を取り始めれば、当然「生意気!」と反感を持たれてしまいます。本当の意味で「できる人」を目指しましょう。

■悪口を言わない

悪口を言う人は、人から信用されません。どんなにニコニコ聞いてくれても、心の中では「こいつ、俺がいないところでは俺の悪口も言ってるんだろうなぁ」と思っています。逆に、先輩や上司から悪口を聞かされたとしても、それに乗ってしまってはいけません。気に入らない同僚のミスを報告して気に入られようとするひきょうなマネもやめましょう。そんなことをしても、自分の株は上がりません。

■あいさつはしっかりする

明るいあいさつは人間関係の基本です。先輩や上司から声をかけてもらうのを待つのではなく、自分のほうから元気よくあいさつしましょう。あいさつには「私はあなたの敵ではありませんよ」と知らせる意味もあります。自分から相手の懐に飛び込む、これもかわいがられるコツです。

目上の人にかわいがってもらうには、明るく前向きで謙虚な態度をとることが大切なんですね。一生懸命頑張る姿は人に感動を与え「よし、もっとこいつを引き上げてやろう!」という気にさせるものです。まずは、明るいあいさつから始めてみましょう!

 

関連コラム

 

恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザ
気になる彼への恋は成就…意中の彼を射止めた方法とは?
魅力的な女になるには?幸せを引き寄せる簡単テクニック
初デートでおごってくれるのは「本命」恋愛サインになるのか?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kaizen.nguyễn (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!