“黒歴史”……それは誰にも知られたくない、消し去りたい過去。
人気女優、北川景子の“黒歴史”が収められたDVDが発売され、ファンたちに動揺が広がっているようだ。
だが、彼女ほどの女性にも“黒歴史”があるのならば、一般女性にはもっとすごい“黒歴史”があるはず。
というわけで、世にも恥ずかしい女性の“黒歴史”をリサーチしてみた。

 

北川景子のデビュー作はパンチラ満載!?

 

新ドラマ『謎解きはディナーのあとで(フジテレビ)』で、嵐の櫻井翔と共に主演を務める北川景子(25)。
CMや映画でも、モデル上がりのプロポーションとクールな美貌で世の男性を虜にしている彼女は、現在、最も輝いている女優の一人であると言っても過言ではないだろう。

しかし、そんな彼女にも誰にも知られたくない、消し去りたい過去……“黒歴史”があったのだ。

その“黒歴史”が収められているのは、9月末に発売された『美少女戦士セーラームーンSuper Special DVD-BOX(バンダイビジュアル)』。
北川にとっては女優デビュー作となる記念すべき作品なのだが、彼女にとって“黒歴史”そのものであるらしい。

アラサー世代の女子には『セーラーマーズ』と言えば通じるのではないだろうか。
そう、気の強い性格で霊感が強く、男嫌いで姉御肌、元祖“巫女キャラ”である『セーラーマーズ』を北川が演じているのだ。

「火星に代わって折檻よ!」

明らかにオタ狙いなパンチラ演出もいとわず、勇猛果敢に戦う『セーラーマーズ』=北川。
今をときめくトレンディ女優が、パンチラ全開で折檻とはいただけない。

雑誌インタビューなどの際に所属事務所から「セーラームーンの件はNGで」というお達しが出るほど、『セーラーマーズ』時代をもみ消そうとするのも無理はない話である。
しかし、北川が『セーラーマーズ』を演じた事実は、動かざること山のごとし。
決してもみ消すことができないのが“黒歴史”の恐ろしいところである。

 

闇に葬られし“黒歴史ファイル”が解き放たれる

 

北川景子ほどの美女でさえ“黒歴史”がある。
となれば、世間一般の女性にはもっとすごい“黒歴史”が埋もれているはず。
そう、“黒歴史”は生きていれば誰もが持ちうる、恥ずかしいヒストリーなのだ。

というわけで、インターネットに寄せられた世にも恥ずかしい“黒歴史”をリサーチしてみた。
読むだけで背筋に変な汗が滴る“黒歴史ファイル”をご覧あれ。

●File1:元コスプレイヤーのお母さん
「コスプレしてた事。 写真撮らせて下さいって言われて、断りもせず喜んで…。
今頃あの恥ずかしい写真達はどうなってるんだろうかと考えただけでああああああああ!!
さらに市販のプリキュアの衣裳を見た母に「○○(私の娘の名前)もこんなの着たがるようになるんかな…」って言われて、もう穴があったら入りt(ry)」

厨二病から冷めた途端、その過去は重苦しい原罪となって両肩にのしかかる。親族バレがあるとさらに最悪。その痴態は子の代まで語り継がれるのだ。

●File2:あわや近親相姦
「小学生の時、兄妹で眠りの森の姫ごっこしててキスしまくってたこと。 忘れたい、忘れてほしい…」

女の子なら一度はお姫様に憧れることがあるはず。しかし、お姫様ごっこを血の繋がった兄とするのはあまりにも危険。『眠れる森の美女』が一気にアダルトなドラマ『禁断の果実』と化してしまうのだ。

●File3:西郷どん!?
「一人称が「おいどん」だった。北海道民なのに…。女なのに… 」

きっと語尾は「ごわす」だったと推測される。「おいどんは西郷どんでごわす!」の感じで。

●File4:リカちゃんと変態医者
「小学生の頃、友達とリカちゃん人形でよく遊んだ。内容は、リカちゃんを裸にしてベットに寝かせ、男の人形(リカちゃんのパパ?)が変態医者設定で、おっぱい触ったり、覚えたての言葉「せっくす」を連呼してた。
毎回、全部私アイデア、私企画で。
転校してから、自分の中で忘れかけてたのに、この前、その友達と親が来て(親同士が未だ仲がいい)女四人でカフェでまったりしてる時に、昔の話が出て、友達が「そういやリカちゃんでよく遊んだよね〜」なんて言い出し、冷や汗が止まらなかった」

小学生とは思えない設定に深みを感じる“黒歴史”。大人になった彼女が『リアルお医者さんごっこ』に興じていないことを祈るばかりだ。

●File5:Wショック
「25歳、必至でトイレを我慢してるとき痴漢にあい、電車内で漏らした」

彼女は悪くない。決して悪くない。しかし、“黒歴史”はこんな風に貰い事故をしてしまうこともあるのだ。くわばらくわばら……。

●File6:自分がブスだと気付いた瞬間
「小学生の頃、自分は凄く可愛いと思ってた(実際はかなりのブス)。
目が合う度に男子に投げキッスしてた。「うぇぇ〜」と言われても「もう、照れちゃってw可愛いやつ」とか思ってた。ある日、先生と目が合い投げキッスしたら真顔で「やめなさい。みっともない」と言われ目が覚めた。
うわあぁぁぁぁ!!!!!! 過去の自分殴りにいきたい」

子供の頃は自分をなかなか客観視できないもの。現実に気付かせてくれたという点では、先生に感謝すべき“黒歴史”だろう。

●File7:妹の二重人格『影羅』
「中学生の頃、妹は二重人格だった。なんでも、火を見ると「影羅(エイラ)」という魔族の人格が現れるそうで、真っ暗な部屋の中で唐突にマッチを擦っては、「……ヘヘ、久しぶりに外に出られた。この小娘は意思が強すぎて困るぜ(笑)」などと乱暴な口調で叫んだりしていた。
ある日、夕食の時に「影羅」が出たことがある。
突然おかずの春巻きを手掴みでムシャムシャと食べ始めて、「久々の飯だぜ(笑)」と言った。
食べ物関係のジョークを一切許さない母が、影羅の頭にゲンコツ振り落とすと影羅は涙目になっておとなしくなった。
それ以来、食事時に影羅が出たことは無い。
そして別人格とやらは、妹が高校に入った辺りでパタリと出なくなった。
最近になって、大学生になった妹にその頃のことを尋ねたら、クッションに顔を埋めて、手足をバタバタさせてのた打ち回っていた」

これぞ“黒歴史”と太鼓判を押したくなるエピソード。オリジナルキャラは設定が細かければ細かいほど、恥ずかしいもの。『影羅』というネーミングセンスも秀逸だ。

(引用:2ちゃんねる「黒歴史を晒そうぜ」より)

 

“黒歴史”は誰にでもある

 

さて、様々な “黒歴史”を晒してみたが、いかがだったろうか。
これらを読み、自分の“黒歴史”と重ねてしまい、赤面してしまった方も少なくないはずである。

しかし、安心してほしい。
ジャニーズ、BL(ボーイズラブ)漫画、アニオタ、自称詩人あたりは、ほとんどの女子が一度は通る道だからである。
それらの“黒歴史”は、思春期特有の性的欲求の芽生えとしては、ごくごく普通の現象なのだ。

最後に、本当にものすごく嫌だが、筆者自身の“黒歴史”も晒そうと思う。

中学時代、某アニメに登場するサバサバした姉御キャラに憧れていた筆者。
主人公の男キャラの前で堂々と着替え、彼がドギマギするという設定に興奮した筆者は、さっそく学校でそれを実践。
恥ずかしさよりも得意さが勝ってしまい、周りがドン引きしているのもわからず、男子と一緒に着替えを敢行。
さすがに大事な部分こそ隠していたが、今となっては葬り去りたい苦い思い出である……。

覆水盆に帰らず。
すでに犯してしまった過ちは、決してなかったことにはできないもの。
子供の頃ならまだしも、アラサーになってからの“黒歴史”は痛すぎる。
インターネットの発展で誰もが気軽に情報を発信できる今だからこそ、無駄な“黒歴史”を刻まないよう細心の注意を払いたいものである。Written by つん子
Photo by BombardeMaxima

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ