利用者数が7億人を超え、世界最大のSNSとも言われている「facebook」。SNSには珍しく、実名で登録することが義務付けられているのが特徴で、匿名での登録が可能な他のSNSに比べてトラブルが少ないことも人気の秘密です。では、具体的にどのような活用法があるのでしょうか? 調べてみました!

 

いろいろな楽しみ方があるfacebook

 

■懐かしい友人とつながれる「コネクションサーチ」

Facebookには、自分のステータスを登録しておくことで、まだつながれていない友人を自動で表示してくれるサービスがあります。
左端に表示されるメニューの中から「コネクションサーチ」を選びます。次に、「ステータス」の中から自分に合うものを選択します。そして、学校名や勤務先を入力して公開範囲を設定し、最後に再び「コネクションサーチ」を選択すれば、まだつながれていない友人のFacebookが表示されます。
これを機会に、友情が復活するかもしれませんね。

■気軽におしゃべりできる「チャット」

「なんか暇だなぁ」「悩みを聞いてほしい」こんなときに便利なのが「チャット」。チャットとは、そこに参加している人たちとリアルタイムで会話ができるというもので、メールと違い、自分の呼びかけに対してすぐに返事が返ってくるところが人気のサービスです。
画面の右下にある「チャット」をクリックします。右端にチャットに参加可能な友人の名前がズラリと表示されるので、その中から「現在参加可能」を示す緑の印のついた友人を選びます。入力画面が表示されたら、そこにメッセージを書き込んでエンターキーを押しましょう。友人から返事が返ってくればそれが画面に表示されるので、この調子でどんどんやり取りを続けていけばOKです。
遊びに行く予定を相談するときなどにも便利ですね。

■友人と一緒に撮った写真を楽しめる「共有アルバム」

これまで、自分の撮った写真を友人に見せるには、メールの添付機能を使うなど何かと手間がかかっていました。しかし、Facebookの「共有アルバム」機能を使えば、面倒なやり取りをしなくても簡単に同じ写真を楽しむことができます。
タイムラインに移動し、画面の下のほうにある「写真」をクリックします。写真が表示されたら、次に「アルバム」をクリックします。編集したいアルバムを選び、画面左上の「共有アルバムを作成」をクリック。寄稿者の欄に、写真を共有したい友人の名前を入力します。最後に「保存する」をクリックすれば、登録は完了です。
寄稿者となった友人は、そのアルバムに入っている写真を見ることができるほか、アルバムに新しく写真を追加することができるようになります。また、所有者のプライバシーの設定によっては、自分もそのアルバムに対する新たな寄稿者を設定することが可能です。

Facebookには、この他にもいろいろな楽しみ方があります。同窓会を開かなくても昔の友人とつながれるようになるのは便利ですし、そこからまた交友関係が広がる可能性もあります。人と人とのつながりが希薄になっている今の日本において、まさに画期的なツールであると言えるでしょう。

 

関連コラム

 

恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザ
出会いが少ない職場でも恋人はできる?もう一つの運命を探す方法
大人の男は告白しないもの?男性が使う「好き」の隠語7選
プロポーズを躊躇する男性が増殖中…婚活女子が求婚されるには?

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by cjmartin

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!