人が2人以上集まると、そこには必ずいじめや悪口が発生すると言われています。
 
これは、相手に攻撃される前に自分から攻撃して身を守ろうという人間の本能なのです。
とはいえ職場でそんな幼稚な態度をとるのは迷惑。
 
今回は、悪口に関する対応の仕方をまとめてみました!
嫌がらせや悪口に、いちいち心を乱す必要はありません。大人の対応で切り抜けましょう。
 

その場にいない人の悪口を振られたとき

 
「ねぇねぇ、知ってる? あの人ってさぁ……」
こんな風に、その場にいない人の悪口を振られそうになったら、どうすればいいのでしょうか?
 
正解は「私、その人のことあんまりよく知らないから」と興味のないフリをすることです。
こういうとき、うっかり興味のあるフリをしてしまうと「あの子もそう言ってたわよ」と、いつの間にか共犯にされてしまうことがあります。触らぬ神にたたりなし、です。

自分が悪口を言われていることに気づいたとき

 
悪口を言われるのはつらいものです。
ついついショックを受けてしまいますが、ここはグッと我慢して知らないフリをしましょう。
 
そもそも、悪口を言われているからといって、あなたが劣っている存在というわけではないのです。
どちらかというと「目立つから悔しい」「こっちを気にしてほしい」という気持ちから、つい悪口を言ってしまうケースが多いもの。
 
「私を認めてくれているのね」と思えば、悪口も少しは気にならなくなると思いませんか?
 

「あの人が、あなたの悪口を言っていたわよ」と言われたとき

 
親切心からこのようなことを言う人はまずいません。なぜなら、心ある人は、悪口を本人に伝えることでその人がいかに傷つくかを想像できるからです。
 
では、わざわざこのようなお節介を焼く人の目的はなんでしょうか?
それは、悪口を伝えることで2人の仲を裂いてやろうと思っていたり、なんらかの理由であなたを傷つけてやろうとたくらんでいたりするのです。
 
おそろしいですね。こんなことをする人間を信用できるはずがありません。
「悪口を言っていた」という事実すら捏造(ねつぞう)かもしれないのです。
 
つまり、いちいち心を乱す必要はないということ。
「そう? 私、なにか失礼なことをしたのかな。あなたから聞いたんだけど……って、一度あの人と話してみるね」と言ってやると、相手はギクッとしてそれ以上攻撃してこないので試してみてください。

おわりに

 
生きていれば、誰だって嫌な思いをしたり、我慢しなくてはいけなかったりすることがあるものです。
しかし、それをわざわざ口にするのは人間性が未熟であるということにほかなりません。
 
悪口を言ってストレスを発散するぐらいなら、気に入らない相手を正当な方法で見返す努力をしましょう。
そのほうがずっと前向きだし、人から好かれます。結果的にあなた自身の成長にもつながるのです。
 
また、日常的に悪口を言っている人は根性が曲がっていて、いつ、誰を攻撃対象にするか分かりません。こちらに落ち度がなくても逆恨みをされることもあるので、普段からなるべく関わらないようにしたほうがいいでしょう。
 
仕事をするために行っているとはいえ、避けられない職場の人間関係。仕事をスムーズに進められるようにするためにも、少しでも円滑に保ちたいですね。
 
(yummy!編集部)
 
■「もうこの友達と会うのはやめよう」女性陣が決意する瞬間とは?
■女性に聞いた! “マウンティング女子”にはどう対処している?
■もう一緒に仕事したくない!職場にいる困った人たちの対処法
 

公開日:2014年4月3日
更新日:2019年4月2日


 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 25人に一人がサイコパス?身の回りに潜むサイコパスな人の特徴
  • 言いたいことを言えない人へ|エマちゃん
  • ファン同士なのに「カースト制度」(ファンの中の序列)を作るワケ
  • 男性が女性から求められるとイラっとする「男らしさ」
  • 世代診断|ピースサインで世代の特徴を検証!あなたはどれ?
  • 「寂しい時間」を「休息の時間」へと変える、夜の上手な過ごし方とは
  • オカマ流 ポジティブに生きる方法|もちぎ
  • 自分をプラス思考にマインドコントロールをすると、本物のプラス思考になれるのか?