「身に覚えのない請求メールが届いたけど、もしかしたら忘れているだけかもしれない」
 
このような人間の心理に巧みにつけこむのが架空請求です。たいていの場合、早くお金を支払わないとまずいことになるという文面で、精神的にゆさぶりをかけて、騙す相手にじっくり考える時間を与えないのが特徴です。
 
実際にこれまでにあった架空請求の手口を紹介するとともに、対処法をご説明します。
 

架空請求の手口にはこんなものがある

 

国民生活センターに寄せられた相談によると、架空請求の手口には次のようなものがあるということです。一例をご紹介します。
 
・スマホのデジタルコンテンツの使用料が未払いになっており、払わないと差し押さえに行くとメールがきた。
 
・アダルトサイトの利用料金が未払いになっていると請求があり、身に覚えはなかったが現金書留でお金を送ってしまった。
 
・架空請求を無視していたら、「訴える」という内容のメールが届いた。
 
どれも、受け取ったら思わず不安になるような内容となっています。「そんなはずはない」と思いながらも、自宅に差し押さえに行くなどと言われたら怖いですよね。

架空請求の連絡がきたら?

 

身に覚えのない電話や手紙、請求メールが届いて、もし不安を感じるようだったら、すぐに家族や友人などに相談してください。同じような体験をしたことのある人がいるかもしれないし、少なくとも一緒に考えてもらうことで、冷静になり焦ってお金を送ってしまうという事態は避けられます。
 
くれぐれも、ひとりで悩まないようにしてください。そして、最寄りの消費生活センターや警察に連絡をしましょう。
 
基本的に、このような請求は無視してしまってかまいません。相手は「運よく引っかかってくれたらラッキー」というスタンスで、不特定多数に同じようなメールを大量に送っており、それに反応しなければ何か不都合なことが起きる可能性はほとんどありません。封書やハガキで届いた場合も同様です。
 

見分ける方法は?

 

もし請求の連絡が、本当のものか詐欺なのかわからない場合は、その請求元のメールアドレスや電話番号、本文のテキスト、会社名などで検索してみるのもひとつの見分ける方法です。
 
警察庁、東京都が架空請求業者リストを公開していたり、すでに詐欺被害に遭ってしまった人、遭いそうになった人らが情報を公開しています。なので、検索したキーワードが引っかかった場合は、架空請求業者によるものということになります。
 
どちらにせよ、それが正規のものであっても、架空請求であっても、身に覚えのない怪しい請求連絡は焦ってすぐに払わずに、いったん落ち着いて考える必要があるということです。

もし請求に応じてしまったら?

 

万が一、架空請求に対してお金を払ってしまったときは、早急に「都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧」(http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm)に相談しましょう。
 
そして、一度架空請求に引っかかってしまうと「カモリスト」に名前が載ってしまいます。このカモリストは業者の間で売り買いされ、騙しやすい相手ということで、一度ひっかかってしまうと、どんどん請求がくるようになるのです。もし、また身に覚えのない請求がきたら断固拒否してください。「一度は引っかかったけど、学習してもう二度と引っかかるつもりはない」という強い意志を示すのです。
 
業者側も払いそうにない相手に時間をとられるのは効率が悪いので、あきらめてちょっかいを出してこなくなります。そして、被害に遭う人を少しでも減らすため、業者の使っている名前や口座番号などの情報を警察や消費生活センターへ連絡しましょう。
 

さいごに

 

詐欺に遭わないためには、日頃から安易に個人情報を教えない、信用できるサイトしか利用しないなどの自衛が必要です。それでも情報はどこから出回るか分からず、このような魔の手が忍び寄る可能性は決してゼロではありません。
 
最近では大手通販業者を偽ったメールや、民事訴訟最終通達書と書かれているハガキが届くなど、日に日にその手口は巧みになってきています。
 
もし身に覚えのない請求が届いた場合は、決してひとりで悩まないでください。そして「カモリスト」に載せられないよう、適切な対処法を考えながら、強い意志を持って拒否していきましょう。
 
関連リンク
架空請求/独立行政法人 国民生活センター(http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/kakuseikyu.html)
架空請求詐欺/警察庁(https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/kakuushousai.html)
 
(yummy!編集部)
 

 

pickup!
ライフスタイル】の最新記事
  • 夏になると不満が……男性が女性に言えない本音とは?
  • オカマが語る!「年相応」ってどういうこと?|もちぎ
  • 歯磨きが1日に1回のひとは、認知症になりやすい!?
  • 「夫はいらないけど子供だけ欲しい」妊娠・出産する方法ってあるの?
  • 自分の娘を不幸にする!過干渉な母親の心理とは?
  • 架空請求被害に遭わないために、頭に入れておくべき知識
  • クソみたいなアドバイスを押し付ける「コンサル男子」の生態
  • ノーブラでおっぱいは大きくなる? さまざまな説を考察