震災で壊滅的な被害を受けた宮城県。その海沿いは牡蠣の一大産地です。
しかし、その震災の影響で、今年の収穫高は例年の1割程度に落ち込むという被害を受けました。

 

国内産の牡蠣が手に入らない!

 

冬に入り寒さが一段と増してきました。
そろそろ旬の食材を使った鍋が恋しくなる季節ですね。

この季節の鍋と言えば、旬でもある牡蠣鍋が人気ですが、今年3月に起きた震災によって、牡蠣の一大養殖地である宮城県に大きな被害が出ています。

大津波によってたくさんの船が流れ、牡蠣の養殖場所である牡蠣床なども壊滅的な状況。牡蠣の収穫は例年の1割程度の見通しとなっています。
牡蠣の取引価格の高騰が予想されており、今年は国内の牡蠣が手に入らなくなるかもしれません。

このような壊滅的な被害で、復興の道筋が見通せない牡蠣生産業者。そんな絶望的な状況において、意外なところから資金援助の申し出がありました。

なんとそれは、フランスの超有名ブランドであるルイ・ヴィトン! ブランド物のバックや靴など、牡蠣とはまったく関係のない差出人に、牡蠣生産業者の畠山重篤さんははじめは戸惑ったそうですが、実はこれには深い理由がありました。

 

ルイ・ヴィトンの恩返し

 

今から40年前の昭和46年。
フランス名産である、ブルターニュ地方の牡蠣がウイルス性の病気で壊滅状態となりました。
当時、フランス国内の生産量のうち97.5%を占めるアンギュラータ牡蠣が寄生虫類に犯され、5000軒を超える牡蠣生産業者に9000万ドル(約70億円)の損害を与えました。

日本同様、いえ、それ以上にフランスでは牡蠣が愛されています。特に生牡蠣は大人気です。

事態を重く見た牡蠣生産業者は、日本の代表的な牡蠣の品種であるマガキの輸入を検討し始めました。その一つが宮城県の北上川河口で生産された種牡蠣です。

こうして宮城県からフランスへ、3300トン(約7億5千万円相当)の種牡蠣が輸出されました。そして、今日ではフランスでは、在来種に変わってマガキが生産量が90%を占めるようになっています。フランスの老舗メーカーであるルイ・ヴィトンは40年前に受けたこの恩を返したというわけです。

ルイ・ヴィトンの5代目当主、パトリック・ルイ・ヴィトンさんも、大の生牡蠣ファンだっため当時のことは鮮明に覚えているそうです。
日本とフランス、ルイ・ヴィトンとの強い絆は現在にまで脈々と受け継がれており、そのような理由もルイ・ヴィトンが牡蠣生産業者の再起を手伝うきっかけとなったようです。

畠山さんは、養殖場も「復興しているであろう再来年には美味しい牡蠣を食べさせる」とパトリックさんと固い約束を交わしました。もちろん、ルイ・ヴィトンは快諾しました。「そのときは愛用のナイフを持っていきますよ!」と述べて。

 

日本大好きのフランスから熱い支援

 

このような温かい支援は、実はルイ・ヴィトンだけではなく、フランス全土から集まっています。
フランス国立基金からも三陸牡蠣復興支援として、約20万ユーロ(2200万円)の支援を受けました。

女性向けのファッションや美容についてのフランスの情報サイト「madmoizelle.com」でも、日本に在住していたフランス人の女性が、震災の時に帰国し、日本の現状を伝え、どのような支援をできるか訴えました。

日本とフランスの文化交流は深く、日本の文化をテーマにした博覧会「ジャパンエキスポ」には20万人以上の人々が訪れています。フランスでは漫画、アニメ、ゲーム、映画、ファッションといった日本の文化コンテンツが大人気で、こうした交流はますます盛んになっています。

震災で失ったものは非常に大きいですが、こうした海外からの多くの支援に日本が助けられていることに再度気付かせてもらえました。震災の援助を申し入れた国は世界で163ヵ国以上にものぼります。

この冬からは、ルイ・ヴィトン製(!?)の牡蠣を感謝しつつ堪能しましょう。

 

関連コラム

 

震災支援の新しいカタチ!宮城県「復興かきオーナー制度」
助産師さんの愛溢れる震災支援、迅速な行動に拍手喝采!
財務省に直談判したヤマト運輸が超カッコイイ!
ロート製薬の復興支援計画が本気すぎてスゴい!!
トルコ大地震へ支援を!日本人が知らないトルコとの深い歴史

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP100
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
Written by 想楽絆
Photo by kevindooley

ライフスタイル】の最新記事
  • 結婚したいなら女子会を辞めるべき!? 女子会によるまさかの弊害
  • 「アイツ生意気!」女性だらけの職場で起こるトラブルあるある
  • 自由に使えるお金はいくら? OLのリアルな金銭事情ランキング
  • どこの職場にもいる! 周囲から「迷惑がられている人たち」の特徴&対処方法
  • 女子たちの恐ろしすぎる本音…友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード