3月12日は語呂合わせで「さいふ」と読めることから、財布の日と制定されています。
財布といえばお金を入れるものですが、お金がたまる方法などいくつもの話が存在し、信じて実践している人も多いはず。
金運UPが期待できるお財布の使い方とはどんなものなのか、紹介していきます!
 

その1:長財布を愛用している人は高収入?

 

人並み以上に稼いでいる社長さんなどは、お札を折りたたんでしまうことを嫌います。お札は長財布、小銭は小銭入れと別々に保管し、カード類も分けている場合が多いようです。お札の向きを綺麗にそろえて入れる人も。
 
これは、お金に対して自分のパートナーのような、いいイメージを抱いているということのあらわれです。
 
また、そのような人は現時点で稼いでいなくても、将来的に稼ぐようになると指摘している人もいるくらいですから、自分だけではなく、気になる男性の財布をチェックしてみるといいかもしれませんよ。

その2:汚い財布ではお金が貯まらない?

 

汚れてくたびれている財布をもっている人や、レシートやポイントカード類を束にして財布にいれる人は、お金が貯まらない人だと言われています。
 
確かに見ていてあまり気持ちがいいものではありませんし、持ち主の性格が表れていると考えれば、お金を稼いでうまく管理していけるとは思えませんね。
 

その3:財布は1、2年で買い換えたほうがいい?

 

財布にもパワーがあり、そのパワーは1、2年しかもたないと言われています。
財布に札が貯まって『お金が張る』=『春』ということで、春に買い換えをすすめられることも多いです。ただし一方で、お金が貯まる財布などをプロデュースしている人もいるので、怪しい部分はありそうです。
 
大切な人からもらった財布を何年も使い続けている有名人がいたり、稼ぐようになった先輩から財布を譲り受けて、自分もお金を稼ぐようになったりという人もいますので、財布を大切に扱うという点においては、長く使うことのほうが納得できますね。
 

その4:財布にお守りを入れるのはOK?

 

神社などで購入した金運upのお守りを財布に入れている人も多いですが、実際にはあまりよくないようです。逆にお金を失うと指摘する占い師さんもいます。
 
財布に入れて持ち歩いてください、と説明されているものであればいいのですが、そうでなければ財布とは別に持っておくのがいいでしょう。これはパワーストーンにも同じことが言えます。

その5:擬似1億円札?

 

メジャーリーガー田中将大選手の夫人、里田まいさんが過去にテレビで紹介した方法です。
1万円札の左と右に表示されている10000の右側を1の手前で山折りにし、0000となった右側を左の10000の横に繋げて100000000円と見えるようにして折り曲げます。
 
そして、それを普段使用している財布のカード入れなどに、常に100000000と見える状態にしておくのだそうです。もちろん、その1万円札は特別な理由がないかぎり、使ってはいけません。
 
今や里田まいさんは、1億円どころではありませんので、実践してみる価値はあるかもしれませんね。
 

収入アップにつながるかも?

 
最近はクレジットカードや電子マネーが出てきましたが、まだまだ財布を持つ機会は減っていません。財布は、持ち主のお金に対する考え方の反映。だからこそ、その人の性格や収入を見定めることができるのでしょう。
 
金運アップのためにも、この機会に一度、自分の財布を見直してみてはいかがでしょうか?
 
(yummy!編集部)
 
■金運アップに効果絶大? お財布風水で金運をアップしよう
■【夢占い】金運が上がる! 縁起のいい夢
■風水で恋愛・仕事運UP!春の間にやっておきたい10のこと

公開日:2014年3月11日
更新日:2020年3月12日


 

pickup!
ライフスタイル】の最新記事
  • BIGカツ、じゃがりこもおかず?20代若者たちの食生活びっくりエピソード
  • あなたは大丈夫? 30代女子が直面する「30代うつ」チェックリスト
  • ステイホームでモデル級の小顔に!自宅でできる“小顔テクニック”をご紹介
  • 八つ当たりしたくない! 生理中のイライラ解消法とは?
  • 男性にもわかってほしい! 生理中の女性のつらさ
  • 家族コンプレックスを乗り越えるにはどうすればいいの?|もちぎ
  • ゴロゴロ寝ながらできる、太もも引き締めエクササイズ!
  • ノーブラ状態で「おっぱいが大きくなる」にはルールがある!?