アジェンダ、コンセンサス、ペンディング、カンファレンス……。最近よく耳にするカタカナ語。ふつうに使っている方も多いことでしょう。日本語で言うと、議題、合意、保留、会議と、いずれも日本語で言った方がスッキリ簡潔に、むしろ分かりやすく相手に伝わる気がするのですが、なぜか病的なほどにカタカナ語を常用する人が増えています。
先日、『gooランキング』がおよそ1000人を対象に「日本語で言ってくれれば意味がわかるのに」と思うカタカナ語のランキングを発表しました。その順位と、それぞれの内容に当てはまるエピソードをご紹介します。あなたの周りにも、こんな人いませんか?

 

「日本語で言ってくれれば意味がわかるのに」と思うカタカナ語

 

●第1位:アジェンダ
最近、上司の会話のなかにカタカナ語がすごく目立つんです。
「今週の会議のアジェンダは……」
テレビ以外で使っているのを初めて聞きました。
しかもこんな田舎で……と衝撃を受け、一度気になったら、会話のなかのヨコ文字が気になり始めました。
(引用:『発言小町』上司のカタカナ語)

◯渡辺喜美議員がよく使っていましたね。日常では使わない方が賢明かもしれません。

●第2位:オーソライズ
数年前、農家を集めた集落の寄り合いに出たとき、農林水産省の出先機関職員がやって来て、「地域水田農業ビジョンについては、まだスケルトンしか示せるものがなく、パブコメはこれからなのでオーソライズには時間がかかる」と、70歳を超えたお年寄りたちに説明していましたが、おそらく彼らにはまったく伝わっていないと思います。
(引用:『Yahoo!知恵袋』なぜ日本人は会議などで英語をちょいちょい使ってみたりするの?)

◯ここまでくると自己満足の世界です。ちなみに、オーソライズは“公認”という意味です。

●第3位:オルタナティブ
ん? ニキビ用の洗顔のこと?
私の会社は外資との絡みが多いし、翻訳者もいるけど、だからこそ日本語分かる同士は日本語で言え! と、イラっとする。
(引用:『ガールズちゃんねる』日本語で言ってくれれば意味がわかるのに…)

◯ニキビ用洗顔はプロアクティブですね。オルタナティブは“代替”という意味です。

●第4位:エビデンス
会社でやたら「エビデンス」と言う人がいます。
最初は海老の何かかと思いましたが、やたらと使われると案外イヤなものですよね。
日本語で言えばいいのに。
(引用:『Yahoo!知恵袋』会社でやたらエビデンスを言う人がいます)

◯カタカナ語がここまで氾濫していなかったころ、筆者も医療関係の取材で初めてエビデンスを耳にしたさい、「海老です」と聞き間違えた苦い経験があります。これは “証拠”という意味で、医学においては臨床結果などの“科学的根拠”という意味でも使用されます。

●第5位:バジェット
夫の転勤で北米駐在に同伴しています。
ある行事の手伝いで、同じく駐在で来ている奥さんとの会話で、「私、英語の方が得意だから英語で話してもいい?」と聞かれました。
なぜ日本人同士の会話で英語なのか理解不能でしたが、会費の“予算”を「バジェット」と称し、「バジェットが許すならぜひやりたいわね」とか、「皆さんがアグリーなら私もアグリーよ」とか得意そうに話していました。
カタカナ語をやたらと話す人は、「私は英語が得意よ」と思っている人が多いような気がします。
そういう人に限って、母国語である日本語が下手な人がたくさんいます。
それからは、日本語は日本語、英語は英語として意識して使い分けるように気をつけています。
(引用:『発言小町』イラッとするカタカナ英語)

◯皆さん、“予算”でアグリーしませんか?

 

カタカナ語を乱用する人は他人に配慮できない人かも?

 

各業界において専門的に使うカタカナ語が存在します。そこでは当たり前のカタカナ語も、他業種の人にとっては理解不能な言葉もあります。
打ち合わせや商談の席において、相手が分からないかもしれないカタカナ語を乱用する人っていますよね?
「たんに自分のカタカナ語に酔っているだけでは?」と、相手に捉えられてもおかしくありません。相手が分からないかもしれないカタカナ語をまるで常識の言葉であるかのように使う人は、他者のことを考えない、配慮が足りない人といえるのではないでしょうか。

 

関連コラム

 

突然、別れを告げられて…復縁する為にとった禁断の方法とは?
女子の行方不明事件多発!「神隠し」と呼ばれる不可解な事件
友チョコに隠された裏の意味…女たちのバレンタインデー
「彼女がアソコで虫を飼っていた!」人間に寄生する虫たち
Written by カタタク
Photo by Jerry Bunkers

ライフスタイル】の最新記事
  • 「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法
  • 趣味があるのは良いけれど…NGのめり込みボーダーラインって?
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明