自宅では裸で過ごす「裸族」と呼ばれるセレブが話題になって久しいですが、一般人が裸族に徹するのは至難の業。寒いですしね。

その一方で、下着による締め付けが健康に悪い影響を与えるとして、一部の健康志向の人の間では「締め付けない」下着が密かなブームにもなっているらしいのです。

本来、大切な部分を守るはずの下着が原因で、健康を害しているかもしれないとは聞き捨てなりません。

ということで、締め付けないことで得られるメリットを調べてみました。

 

下着の締め付けに要注意

 

90年代には「ノーパン健康法」なるものが流行したこともあり、下着を着けないことのメリットは以前から叫ばれていました。
実際に、医学博士の川上智史先生に下着を着けないことのメリットについて伺ってみました。

パンツをはかないことによるメリットはいくつかあります。

まず、ここ最近冷え性の方が多くなっていますが、この冷え性が起こる原因の一つに下着の締め付けがあげられます。ビジュアルを気にし過ぎるあまり、無理にきついパンツなどをはいてしまってはいませんか? それによって下半身の血流が悪くなり冷え性が生じてしまうことが多くあります。

パンツを履かないことによって下腹部にかかる負担が減り、ある程度血流の改善がみられるということも考えられます。

またノーパンで過ごすことによって通気性が良くなるため、陰部が蒸れやすい方には良いかもしれません。

さらに精神的なもので行くと、パンツを履かないというのは一般的ではないので、ドキドキする方も多いはず。それによって自分の隠れた部分が露呈し、精神的に解放感が得られるかもしれません。

なるほど、ノーパンのメリットは分かりましたが、当然デメリットもあるようです。
川上先生も以下のようにおっしゃっています。

「パンツは陰部を保護する役目もあります。陰部はデリケートな部分ですので、やわらかいパンツの生地で保護してあげることが必要となるのです」

確かに血行が良くなるとは言っても、20年以上続けた下着習慣を捨てることは難しいですよね。

 

健康オタク必見「空気パンツ」

 

そんな声を知ってか知らずか、巷ではこんなものが販売されています。
その名も「空気パンツ」。いったいどんなものなのでしょうか?

インパクトあるネーミングから、ウケ狙いのパンツかと思いきや、すごく真面目に作られているパンツでした。

ゴムを一切使わずに、アジャスタータイプの紐でサイズ調整するという、構造はいたってシンプルなもの。

『一般的なゴムが入ったり締め付けがある下着から体を解放することで、リンパや自律神経、ホルモンバランスの働きを促進させ、免疫力アップにつながり、卵巣も本来の働きを取り戻す』ことができるそう。(http://ku-kipants.com/)
締め付けがなくなることで、多くの体調不良や皮膚疾患なども改善できるとも。

かつて肌が乾燥してパンツのゴムの付近からかゆみが始まり、その後湿疹とかゆみが背中全体にまで広がった経験のある筆者。これは試してみたくなりました。

 

運動&下着オフ生活で健康に

 

下着はスタイルをキープするという役割もあるので、ガードルや補正下着を愛用している人も多いでしょう。

しかし下着でスタイルを作っても、筋力が落ちてはバランスのよい体型を維持することはできません。むしろその締め付けが健康を害しているかもしれませんよ。
スタイルキープのためには、やはり運動しかないということでしょう。

これから寒くなる時期にこそ、運動+下着の締め付けオフで、健康な生活にシフトしてみるのも良いかもしれませんね。

 

関連コラム

 

別れたあの人と「復縁」できる秘密のアドバイス!
あのオネエ系タレントに「副業で下半身おもてなし」疑惑
6割のカップルが「する予定」!年末年始のセックス事情
今年も嵐が紅白司会者に!いま明かされる成りあがり物語
【参考】http://ku-kipants.com/

Written by フランクひらがな
Photo by roparedes
空気パンツ セクシーレース/空気パンツ

ライフスタイル】の最新記事
  • お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得
  • 職場でのマウンティング~仕事のライバル?対等の関係?身近な女性社員編
  • 女性だから冷え性は当たり前ではないのです!愛されるあったか女子を目指せ!
  • ツライ肩コリを今すぐ解消! キーワードは「天使の羽根」
  • イタイ! いつまでも若者気分が抜けていない女性の言動
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」
  • GoTo!恋人との初旅行での失敗話