少子化が進むなか、「ベネッセ教育研究所」は、子どものいない男女の“子どもを持つこと”“産み時”に関する意識と、妊娠に向けての行動実態を6年ぶりに実施しました。

その結果、「今すぐにでも子どもを持ちたい」と回答した既婚男女が7割を超え、前回調査時より13.2ポイントとの増加となったことが分かりました。

今回の調査では、前回調査時に比べ女性の平均年齢が1歳近く上がっているため、晩婚化の影響が「子どもが欲しい」と思う気持ちを加速させているのかもしれません。

既婚女性に、子どもを早く持つことのすすめについて聞いてみました。

 

「いつでも妊娠できる」は危険な考え!既婚女性の不妊エピソード

 

●その1:なかなか妊娠できないこともある

「26歳で結婚したのですが、しばらく子どもはいらないと思ってずっと避妊していたんです。でも、私より後に結婚した友達にどんどん子どもができて、焦りを感じるようになりました。不妊ではなかったんですけど、焦る気持ちからなかなか妊娠できませんでしたね。今となっては、なんで避妊してたんだろうって思います」(31歳/妊娠中/派遣社員)

●その2:すでに高齢出産年齢

「私は35歳で結婚したので、すでに高齢出産は確定でした。しかも、心配していた通りやっぱり妊娠しづらくて、2年ほど不妊治療をしました。で、結局1人目を出産したのが最近です。子どもは3人くらい欲しかったですが、今は2人目も考えられないですね。体力と気力がついていきません」(39歳/子ども2歳/専業主婦)

●その3:不妊とは無縁だと思っていた

「結婚後に初めて基礎体温を測り始めました。でも、なかなか安定した2層の体温にならないので、意を決して病院に行ったところ、子宮筋腫はある、ホルモン状態は悪い、卵巣機能もいまいちと良くないところが一気に見つかったんです。妊娠どころではなく、まさか自分にこんなに悪いところがあるなんて……とショックでしたね。結婚していなくても、基礎体温ははかっておいたほうがいいですよ」(33歳/外資系金融)

●その4:2人目ができない

「授かり婚だったので、子どもは1人います。でも、その後仕事に夢中になって2人目なんて考える余裕もなく、あっという間に子どもの年齢は5歳。そろそろ2人目をと考えるようになったものの、なかなか妊娠できなかったり、妊娠しても流産を繰り返したりして、2人目は諦めました。いつでも妊娠できると思っていたのがダメでしたね。もっと家族について真剣に考えておけば良かったです」(30歳/ウェブデザイナー)

 

自分の体と向き合う習慣を

 

「子どもが欲しい」と思ったときに限ってうまくいかないという意見が多数。
「自分は大丈夫」「不妊なんて他人事」「まだ若いし……」と思っている人も、基礎体温をつけたり、婦人科検診を受けたりして、自分の体と向き合うことをおすすめします。

 

関連コラム

 

手軽に本当に必要な情報を収集!妊娠しやすい体質をつくるには?
待機児童解消で女性は働きやすくなる?本当の問題は小学校から!
良妻賢母女子は要注意!「夫源病」回避のために必要な心構え4選
クリスマス直前でも間に合う!すぐに彼氏が作れる女子テクを公開
【参考】
※ 未妊レポート2013 子どもを持つことについての調査 既婚女性の「今すぐにでも子どもが欲しい」割合は増加傾向。背景には晩婚化。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000390.000000120.html

Written by きつたなお
Photo by Daisy Starr

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!