やっと過ごしやすい秋の気候になったと思ったら急激に肌寒くなり、明日からは一気に寒気が流れ込んでくるとか。街にはイルミネーションが輝き始めましたし、もう冬の入り口ですね。

これからの時期、何を着るか悩んでいる人も多いのでは?
今年の秋冬は「ジェンダーレスファッション」が注目されているようで、なかでもスウェットをオシャレに着こなすのが流行りなのだそうです。

「ジェンダーレスファッション」とは、男女の境界線がないファッションのことで、男性が着るような大きめのコートやスタジャンなどを、女子もファッションに取り入れること。

一歩間違えれば大ケガをしてしまうジェンダーレスファッションで気を付けることを、アイテムごとに紹介します。

 

秋冬の流行!ジェンダーレスファッションの注意点

 

●その1:スタジャン

メジャーリーグ球団のロゴマークが入った、大きなスタジャンをガーリーな着こなしに合わせると、甘くなり過ぎずまとまります。
全体的にダボッとして見えるので、ミニスカートやショートパンツで足を出すなど、女子らしさを強調しないと、ただの男と間違われます。

●その2:スウェット

スウェットは部屋着というイメージが強いため、ただ普通に着ているだけでは、「それパジャマだよね!?」と思われてしまいます。
そうならないためにも、しっかり足首を露出させ、パンプスを履くなどして女子度をアピールしましょう。くれぐれも、つっかけサンダルなど履かぬように。

●その3:カモフラージュ柄

ハードなイメージがあるカモ柄ファッションは、失敗すると自衛隊員のようになってしまいます。そうならないためにも、小物や足元にハイヒールやクラッチバッグなどの「きれいめアイテム」を取り入れ、オシャレ番長を気取りましょう。

ちなみに、カモフラージュ柄とは「迷彩柄」のこと。今どき迷彩柄なんて言うと古いのでお気を付けください。

●その5:ライダース

辛口なライダースジャケットは、キメキメにし過ぎると「女王様」のようになってしまいます。

そんな辛口なライダースには、甘めのフェミニンなワンピースと組み合わせることで、とってもオシャレに。甘辛コーデは意外に簡単なので、オススメです!

 

ジェンダーレスファッションで醸し出される女子っぽさがある

 

ジェンダーレスファッションは、男女の境界線がないファッション。
とはいえ、決してメンズアイテムを着て男子っぽくなるのではありません。

むしろ、辛口なメンズアイテムを着ることで、より女らしさを演出する狙いがあるのです。

くれぐれも、身も心もファッションも、オス化しないように気をつけましょう。

 

関連コラム

 

思いもよらない言葉が愛を成就…「生」を感じる事が出来た瞬間
これが男の本音!絶対に彼女にしたくない女の特徴4選
長年の“おひとりさま”から抜け出した体験談
セルライト撲滅して美脚ゲット!秋ファッションを着こなすヨガ
Written by ハラカナエ
Photo by Michael Benatar

ライフスタイル】の最新記事
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ
  • 5月23日はキスの日! 昔の日本にはキスの呼び方がたくさんあった
  • 鳥取県の扱いがひどい! トリンドルすら「一度も行ったことない」
  • お腹のはみ肉を即撃退すべし! ペッタンお腹エクササイズ
  • 橋下市長が入れ墨職員に激怒! 入れ墨女子もこんな被害受けてます
  • 春に「小春日和ですね」は間違い! 恥ずかしい言葉の誤用8選