親が子どもに、常識的に考えにくい名前をつけてしまったり、当て字を使って読み方がわからない名前などを「キラキラネーム」といいますよね。
日本では、1993年に実の子供に「悪魔」と命名しようとした出生届を自治体が不受理とした騒動が話題になりました。
 
このような「キラキラネーム問題」は日本の話だけではありません。
世界のキラキラネーム問題とキラキラネームの悪影響について紹介いたします!
 

アナルやヨーグルト?登録を拒否された世界のキラキラネーム

 
2013年年1月に、ニュージーランド内務省はあまりに増える奇妙な命名に対して、これまで登録を拒否した77件の名前リストを公開して注意を呼びかけました。
これまで拒否した名前の中には、「4Real」「ルシファー」「アナル」など、常識では考えられないような名前があったそうです。
 
同様にドイツ当局も「インベーダー」「ウイスキー」「ウッドストック」「ヨーグルト」などの拒否リストを公表。
スウェーデンでも「メタリカ」や「スーパーマン」などの名前が却下されています。

「大韓民国万歳」と名付ける俳優も!? アジアのキラキラネーム

 
中国教育省が公表した「中国言語生活状況」によれば、伝統的な姓名の構造に変化が表れ、「@」や「−A」など記号やローマ字を使った個性的な名前をつける親が出現したことを明らかにしています。
 
韓国では、俳優のソン・イルグクが三つ子の男児に「大韓」「民国」「万歳」と名づけたことで、韓国国民の賞賛を浴びました。
 

日本はキラキラネーム先進国

 
日本の場合は目も当てられません。
戸籍法では人名に使える漢字を限定しているだけで、その読みについては戸籍に記載されないため、まったくの自由という状態。実質的に世界をリードするキラキラネーム先進国となっているのです。
 

キラキラネームと犯罪率の関係

 
すでに各国では、キラキラネームが社会に与える悪影響についても研究を進められています。
フィラデルフィア州シッペンズパーグ大学のデービッド・カリスト教授は1万5000の名前について調査した結果、変わった名前が貧困と犯罪に関係があるとして「あまり一般的でなかったり、異性的な名前をつけられたりした子どもほど、人種に関係なく少年犯罪に関わる傾向が強い」と発表しました。
 
オーストラリアのメルボルン大学では政治家や弁護士の登録名などを用いた統計調査を実施。変わった名前は出世や経済活動に不利だと結論づけています。
 
子供にどんな名前を名付けるのかは自由ですが、成長した子供の未来のことも考えて名前をつけたいですね。
 
(yummy!編集部)
 
■人事担当者が真実を明かす「DQNネームのせいで就職できない」
■キラキラネーム問題は人ごとじゃない!結婚をためらう珍名字9選
■読めない!海外でも流行中のキラキラネーム、却下された名前一覧
 

公開日:2013年8月18日
更新日:2019年11月7日


 

ライフスタイル】の最新記事
  • 肥満は感染する!? 知らないうちに太ってしまわないように要注意!
  • もう悩まない! 職場で女性同士の関係をうまくこなすコツ
  • 女の敵は女! 職場での女性同士のバトル5選
  • 「興味はあるけど行ったことはない…」初心者のためのゲイバーのススメ
  • もうウンザリ!職場の「理解できない人」との付き合い方
  • 男性の胃袋をつかむ! 5品だけで料理上手なオンナを演出する方法
  • まわりを幸せにしたいならまずてめぇが幸せになれ!
  • 夫のせいで病気に!?「夫源病」を回避するための夫婦円満ルール