日頃、あちこちでよく耳にする“女子力”。たとえば、家庭的で料理上手だったり、美容やファッションに気を配ったり……。はたまた、素敵な男性をゲットするためにも、これらの女子力を磨くことは大切ですよね。

しかし、現実は女性が思っている女子力と、男性が思っている女子力には大きな食い違いが見られるようです。そこで今回は、男が内心ドン引きしている女性の勘違い「自分磨き」について、周囲の男性たちに聞いてみました。

 

女子力=自分磨きの間違った方向

 

●その1:野菜ソムリエを目指す

「元カノが『女度を磨くために、野菜ソムリエの資格を取る』と、言い出したときは意味が分からなかった。休日になると決まって机に向かう姿を見て、ちょっと引きましたね。調理師や栄養士なら納得がいきますが、なんでそんなピンポイントな資格をチョイスしたのか、いまだに謎です」(29歳/公務)

●その2:ダサいDIYに力を注ぐ

「雑誌の特集などを見てDIYにハマり出した彼女。アクセサリーから洋服のリメイクまでするようになったのですが、どれもちょっとダサいし、逆に女子力低下してるよ、と思いました」(30歳/広告)

●その3:行き過ぎた書道講座

「『字が上手くなりたい』と通い始めた書道教室。『わざわざ金払って行かなくても……』と反対したんですが、確実に綺麗な字になっていくところを見て、結果オーライと思っていました。でも、次第に達筆すぎてどう読んでいいのか分からなくなったときは、さすがにドン引きでしたが」(28歳/IT)

●その4:ネイルアートが凶器並み

「自分磨きと称して彼女が熱心に取り組んでいるのがネイルアート。週1でネイルの教室にも通いだし、ジェルネイルでまるで凶器のように長い爪をつけています。『ジェルは硬いから、料理もできるんだよ〜』と言うけど、やっぱりなんか気持ち悪い」(31歳/メーカー)

●その5:家庭菜園が農家レベルに……

「料理好きの彼女が、マンションのベランダでハーブやトマトを育てているのを見たときは、すごく微笑ましかったです。ところが作りたい野菜が増えてきて、都内近郊で畑を借り出したときは、正直『そこまでするか?』と。デート直前でもつなぎ姿で草取りをしているし、『今年は豊作だよ!』と嬉しそうにいわれても、どう答えていいのかわかりません」(32歳/製造)

 

過度の自分磨きは男を遠ざける?

 

当の本人は頑張って女子力を磨いているつもりでも、過度の努力は男を返ってドン引きさせるだけ。

女子力を高めることは大切ですが、何事もほどほどが一番。とくに付き合っている段階、これから気になる彼にアプローチをする際は、くれぐれも勘違いな「自分磨き」で男を幻滅させないように気をつけましょう。

 

関連コラム

 

写真加工しすぎ!?SNSでリアル友達に引かれてしまう行動5つ
マナーは大丈夫?彼の実家に招かれたときに失敗しない必勝法
日々の不調の原点は“水”!? 1日2リットル以上も必要なわけ
部屋が汚い人はダメ男を引き寄せる?「掃除」の意外な効果とは
Written by 柚木深つばさ
Photo by Mobile_hcm

ライフスタイル】の最新記事
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選