花火大会やお祭りがあるように、夏はイベントが盛りだくさん!
浴衣を着て、意中の男性を手に入れるには絶好のチャンスです。
 
しかし、あなたのその浴衣の着こなしが男子のテンションを落とすことになっているかも……そんなのもったいない!
 
男子ウケの悪い浴衣のNG着こなしをリサーチしてみました。
 
せっかくいつもとは雰囲気の違う自分を見せようとがんばっても、それが逆効果だったらガッカリですよね。
ここで浴衣の着こなしのポイントをおさえて、粋に着こなしましょう。
 

要注意! 浴衣の着こなし その1:色気ゼロ!

 
衿や袖にフリルが付いていたり、帯の上に子どものような兵児帯で大きなリボンを結んでいたり……という現代版浴衣に、男子は引いているようです。
 
流行のカラーを取り入れても、女性の目線ではかわいらしいデザインだとしても、現代風の派手な浴衣は男ウケがよくありません。
 
男子は浴衣に、女性ならではのしとやかさ、上品さを求めているようです。

要注意! 浴衣の着こなし その2:ビーチサンダル

 
浴衣を引き立たせるためには、小物も重要です。
足が痛くなるからと言ってビーチサンダルを履いてこられたら、ムードも台無しです。
 
さらに、浴衣にヒールを履くというスタイルが流行したときもありました。
そういった工夫はスタイルをよく見せるかもしれませんが、和装である浴衣の魅力は減ってしまいます。
 
持ち物が多過ぎて、巾着以外に紙袋をブラブラ持っているのも無粋ですよね。
また「浴衣なのにブランドバッグは、さすがにナシ」と、気持ちが冷めてしまった男性もいるそう、靴や巾着など、小物にも気配りを忘れずに。
 

要注意! 浴衣の着こなし その3:盛り過ぎキャバ嬢ヘア

 
浴衣姿で男子が一番萌えるのは「うなじ」なのだそうです。
そのことから、浴衣を着るときには髪のアップは鉄則と言っていいでしょう。だからと言って、キャバ嬢のように大きな頭にしたあげく、花魁のようにかんざしを挿しまくらないよう気をつけましょう。
自分でセットするのが難しかったら、美容院などへ行って相談するのも手です。

要注意! 浴衣の着こなし その4:なんちゃって浴衣

 
浴衣は着るのが大変だし、暑そう……という理由から、甚平を着ている女性を多く目にします。
 
本来甚平は、男性が着る部屋着なのですが、いまでは女性用に裾を短くしたものや、キャラクターが付いたものなど、かわいらしいものがたくさん出ています。
 
手軽にかわいく和装を楽しむことができますが、多くの男性が「甚平を着た女子と歩きたいとは思わない」事実を知っておきましょう。
男性とのお出かけでは、女性らしさを忘れないのが大切。
 

上品な浴衣の色気で男子をノックアウト!

 
夏祭りや花火大会が各所で行われると「浴衣を着て行って、彼をドキッとさせてやる!」と企む女子も多いはず。
 
浴衣を着る際には、ここで紹介したポイントに気をつけて、お目当ての男性を胸キュンさせてやりましょう。
 
(yummy!編集部)
 


 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

ライフスタイル】の最新記事
  • こんな女性は要注意――男性がドン引きする「女性の金銭感覚!」とは?
  • 平成、令和男性にはない「昭和男性の漢気!」とは?
  • 20代、30代、40代【年代別】女性が自分の年齢を実感する瞬間とは?
  • 目から生気が抜けるほどの脱力感「目がビー玉になった瞬間」っていつ?
  • デカパン、パンチラ、スケパン……パンツで赤っ恥(汗)――パンツにまつわる、あるあるエピソード6選
  • 鎌倉時代の忘年会が過酷すぎる――知られざる「忘年会の起源」
  • 「罪悪感のある習慣」をやめてスッキリ! 悪習慣を断ち切る4つのヒント
  • やめときゃよかった! 田舎暮らしに憧れた旦那との想定外エピソード5選