あなたの職場にもひとりはいるのではないでしょうか?
ちやほやされたい願望の強い面倒な男。

注目を浴びたいがために、意味のない言葉をつぶやいたり、かまってオーラを発してくる彼ら。

そこで今回は、職場に生息する「かまって男子」のウザすぎる生態をリサーチしました。

 

面倒くさ!ウザすぎるかまって男子の生態7選

 

● 生態1:面倒な仕事からは逃げようとする

「会社の後輩は、面倒な仕事が回ってくる度に、明かに助けてオーラを出します。ヤツの手口にひっかかるのは、春に異動したての新人くらいなもんです」(32歳/IT)

● 生態2:女子の前でため息をつく

「やたらと職場の女子に近づいて『はあ…』とため息をつく男がいます。『どうしたの?』と言って欲しいんでしょうけど、声をかけるとその後が怖いので、見てみぬフリをしています」(26歳/事務)

●生態3:なんでも他人のせいにする

「遅刻したり、会議の時間を忘れるなど仕事のミスをするたびに『オレのせいじゃないんだけど…』と深刻そうに小声でつぶやく同僚男。フォローを入れて欲しいんでしょうか。情けないです」(28歳/営業)

●生態4:誉められたい

「プロジェクトが成功するたびに『頑張ったでしょ?』とドヤ顔する先輩。先輩に向かって『よしよし、頑張ったね』とは言えず、対応に困ります」(30歳/広告)

●生態5:いつまでも先輩に甘える

「入社8年目のくせに未だに『せんぱ〜い、飲みに連れてってくださいよ』と甘えてくる後輩がいるんです。自分の後輩には、ジュースの1本もおごらない徹底ぶり! 一体いつまで甘えている気でいるんでしょうか」(27歳/映像)

●生態6:「頑張って」の誘導尋問をする

「誰に向かってでもない『よし、頑張ろう』とひとり言を連発する後輩がいます。『頑張って』と言ってあげると、『はいっ』とわかりやすくキラキラします。正直毎日が面倒くさいです」(29歳/講師)

●生態7:「癒されるわ〜」が口癖

「コーヒーを飲みながら、お定食を食べながら、些細な場面で1日に何度も『癒されるわ〜』と言う先輩がいます。面倒だけど、先輩なので無視するわけにもいかず……。彼の対応に毎日疲れます」(30歳/オペレーター)

 

狙いはただひとつ

 

奴らの狙いはただひとつ。かまってほしいだけなのです。
そして、そのためなら手段を選びません。

ちやほやされたいという願望をむき出しにしてくる男たちのことをかわいいと思えるか? それともウザすぎると思うか? あなたはどちらですか。

あなたの周りに生息する「かまって男子」の垂れ込みをお待ちしております。Written by かぎあな
Photo by Craig Sunter *Image-Nation*

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ