これまでは若さを武器に生きてくることができたけれど、アラサーに突入して老いを感じ、それがストレスになってしまうという女性は少なくありません。
 
「もう若くない」とわかっていても、若さや年齢に対するこだわりを捨て切れず、若い子に嫉妬してみたり、美容やファッションにお金をかけて若作りしてみたり……と、疲れるばかり。
 
年を取ることへの不安を乗り越え、自分なりのスタイルを確立し、美しく年を重ねていくためにはどうしたらいいのでしょうか?
 

アラサーからの美しい年の重ねかた

 
さて、私は今年で38歳になりますが、昔から思うのは、年齢は番号でしかないということです。
 
息子たちの子ども同士のケンカに口も顔も出してしまいそうなほど中身はものすごく子どもっぽいところと、そこそこ修羅場もくぐって生きてきたぶん、実年齢相応かそれを超えるような熟した部分とのギャップがあり、若い頃はそれに振り回されて疲れたりしていました。
 
今でもそれは変わりませんが、最近になってようやく、どんな自分も「私は私ね」と思えるようになりました。
 
しかし、ここへ至るまでにはさまざまな経験をしてきました。
ヤケドするとわかっていても挑戦してみたこともあったし、正直でないと気が済まない性格から、言いたいこともかなり言って生きてきたほうだと思うし、そうすることで敵もそれなりにいたかとは思います。
 
そういったことはあまり気にせず、自分の生き方に悩んであがいた時期があったから、今の自分があるのだと思います。

どんな自分でいたいのかわかる女性は美しい

 
「若作り」とは言われますが、女はずっとキレイでいたいと思う生き物。
灰になるまでお姫様なのですから、どんどん自分を磨けばいいのです。
 
努力しているのに若作りと言われてしまうのは、単純に相応な感じが伝わらないからにほかなりません。
 
たしかに、もう浮き輪のようにお肉がのっかるのに、109でギャルにまざって買った服を無理やり着るのは、見苦しいですよね。
 
運動して痩せて肌も手入れして、それなりに自慢の身体を手に入れたときに、着たい服を着ればいいのです。
 
自分のコンプレックスを認めず受け入れず、他人や昔の自分と比較して頑張ろうとするから、世間とズレていくだけのこと。
 
それこそ、自分にウソをついてまでアラサーターゲットの物を身につける必要もなし。
 
なににワクワクできて、どんな自分ならうれしいのか。
それを知ろう、作ろうと努力できる女性は、美しいに決まっています。
 

母の教えから学ぶキレイの作りかた

 
母が生前、私に度々言っていたのは「美しいシワを刻みなさいね」ということ。
 
若さに衰えを知らない頃は「?」でしたが、大人になるにつれ、なんて美しい言葉だろう、と母の言葉をあらためてかみしめました。
 
まだ達成できていないと思いますが、それを念頭において生きることで、その境地に近づいていくと感じています。
 
たくさん泣いて笑って食いしばって生きたからこそ、できるシワ。
それをいつまでも「美しいね」と言ってくれる男性と一緒にいられることが、本当の喜びになるのだと思います。
 
とはいえ……やはり「若いね!」と永遠に言われたい! 
今夜もしっかりツヤツヤ肌を目指してお手入れ頑張りましょう♪
 
(yummy!編集部)
 

公開日:2013年6月26日
更新日:2019年12月3日


 
■オカマが思う「みんな歳を取ることを怖がりすぎ問題」|もちぎ
■二言目には「何歳ですか?」日本の「年齢差別(エイジズム)」は酷い
■他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
 

ライフスタイル】の最新記事
  • アメリカ人はアンダーヘアが全部ない!? 意外と知らない海外の脱毛事情
  • 前より疲れやすくなった?30代が人生を思いっきり楽しむには?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 美しい年の取り方って何?「イタイ若作り」と「素敵な若さ」の違い
  • ゲイは必ず新宿2丁目に行くの? 知られざるゲイバーの実態
  • ティッシュに書いてある求人広告に応募したら怖い目にあった話
  • 彼のEDに悩む女性に朗報!「真のED改善食材」とは?
  • 共働きで子供なし「DINKS」のメリット・デメリットとは?