老若男女が楽しめる、夢と魔法の国「ディズニーランド」ですが、一部のひとには、その魔法がかからないことがありますよね。

とくに、心ない男性だと「ディズニーランド? ふんっ。あんなもん、女子供に媚びへつらうだけの、腐れ商業施設だ。着ぐるみの中に入っているのは、おっさんだぜ。なにが悲しくて休日にクソ長い行列に並んで、たいして美味くもないチュロス食わなきゃなんねーんだよ」と、失礼極まりない態度を取る場合があります。

ミッキーマウスたちはなにも悪いことをしていないのに、そんな言い方をされると悲しくなってしまいますよね。

いったいなぜ、彼らはディズニーランドを目の敵にするのでしょうか?

長年、ディズニーランドが嫌いなフリをしていた筆者が、その心理を読み解いてみたいと思います。

 

本当は、男だってディズニーランドが好き!

 

多くのアンチ・ディズニー男子は、子どもの頃の純粋な気持ちを忘れているだけで、心の底ではやっぱりディズニーランドが好きなもの。

彼らは大人になるために、泣く泣くディズニーランドから卒業する決心をしただけなのです。

そこには、もの悲しい別れの物語があります。

●その1:ミッキーマウスに嫉妬を覚えた

少年にとって、ミッキーマウスはヒーローでした。
いつもひょうきんで、かわいい嫁(?)もいて、魔法も使えて、誰に対しても親切で、みんなから愛されるキャラクター、それがミッキーマウスです。

少年はもちろん「僕も大人になったら、ミッキーマウスになる!」と決心をします。
しかし、現実とは非常なもので、彼が成長すると(どうやら俺は、ミッキーマウスにはなれないらしい)ということに気づきます。

いくら練習しても魔法は使えないし、女子からは不人気だし、そもそも人間はマウスにはなれない、ということを、嫌でも直視しなければいけない瞬間が必ず訪れるのです。

すると少年は、いつしかミッキーマウスに対して、激しい嫉妬を覚え、嫌うようになります。
彼の心の底には、あの頃のミッキーマウスがいるはずなのに、それを見ないようにしてしまうのです。

●その2:なんか子どもっぽい気がする

反抗期を迎えた少年は、尾崎豊を聴くようになります。
すると、今まで最高に魅力的だと思っていたディズニーランドが、急に色褪せてつまらないものに映るのです。

「なぜ俺は、こんなに子どもっぽいものに執着していたのだろう? ふっ、しょせん俺も、幻とリアルな気持ちを感じていたにすぎないのか。街角では少女が自分を売りながら、あぶく銭のためになんでもやっているというのに」

そして少年は、中二病をこじらせ、ディズニーランドを攻撃し始めるのです。

●その3:ユンケルが売っていない

筆者には、幼い頃に、両親がディズニーランドに連れていってくれた際に起こった、少し悲しい思い出があります。
東北からはるばる訪れた筆者の一家は、ディズニーランドに着いた時点で疲労がたまっていました。

しかし筆者は、疲労と興奮が高い次元で融合してしまったため、ハイになってしまい、嬉ション寸前の勢いでキャラクターたちに飛びつきまくりました。

ですが体力は、やはり5歳児のそれ。

午後の3時くらいにはガッツが足りなくなってしまったので、父の背中にライドオンすることにしました。
そしてその夜、あまりの疲労に目がくぼんでしまった父は、レストランの席につくやいなや、店員のきれいなお姉さんに「すいません、ユンケルを一本、いただけないでしょうか?」とオーダーしてしまったのです。

店員さんは笑いを堪えながら、「すみません、置いていません」と応えるのが精一杯のようでした。
その瞬間、夢と現実の狭間にある、深くて暗い溝を、筆者は目撃してしまったのです。

 

ミッキーマウスは、また好きになる

 

筆者はもう31歳で、それなりに社会経験も積んできたので、今は照れずに「ディズニーランドが好き」と言えます。

しかし、シャイな男性だとなかなかその壁が乗り越えられず、いつまでもディズニーランドを攻撃し続ける場合もあります。

だけど、あの頃のミッキーマウスはみんなの心の中に、ちゃんといるはずです。

ミッキーマウスが我々に対して本当に教えたかったことは、たとえ魔法が使えなくても、その夢が破れたとしても、いつもひょうきんで、誰に対しても親切な、心優しい人間を目指すことはできる、ということではなかったのではないかと、筆者は思っています。

一部のひとがディズニーランドをディスり続けるのは、そのひとが心を閉ざしているだけの場合がほとんどです。

時が過ぎれば、いつか彼らもわかりあえる瞬間が訪れるのではないかと、筆者は信じています。

 

関連コラム

 

体質が変われば世界が変わる!?-20kg達成者の秘密
21歳も若く見える!?驚きのコスメの正体とは?
ウザすぎる「昔は俺も…」系自慢!思わず呆れた男の武勇伝5選
ぷに子推しに反論!ぽっちゃり女子は本当にモテるのか調べてみた
Written by マツタヒロノリ
Photo by Cajun497

ライフスタイル】の最新記事
  • 生理前・生理中のイライラ、体調不良…… 女性が彼氏に理解してほしいこと・デート中の注意点
  • 何をしてもダメ……「運気が下がっている時」にやるといいこと・いけないこと
  • やりすぎ注意! 男性が思わず引いてしまう女性の「自分磨き」とは?
  • 実はイラっとしてる……男性が女性に求められる「男らしさ」
  • それアウト!結婚したいアラサー“タラレバ女子”の解決策
  • 一ヵ月ゼロ円生活!働かずに生きて行く方法とは?
  • 「もう頑張れない…」そんなとき、どうしたらいい?|もちぎ
  • 恋愛運を上げる! 今すぐできるプチ風水