若い女性の間で急速に高まる専業主婦願望。
 
自分の仕事に喜びを見出せない世代が、高収入男性を見つけて専業主婦になることを希望しているというのです。
 
ですが、専業主婦は、本当にそんなに良いものなのでしょうか?
 
前編に続いて、後編をお届けします。
 
■専業主婦希望の女性増加中!なぜ今専業主婦なのか?【前編】
 

専業主婦に向くひとと向かないひと

 
こうしてみると、専業主婦には向き不向きがあるようです。
 
NHKの番組では、下記の6つのチェックに4つ以上当てはまる人を「専業主婦に向く人」と定義していました。
 
1.夫に愛されている自信がある……夫婦仲が円満
2.30円の割引クーポン券を面倒がらずに使える……小さな喜びで大きな幸せ
3.女子高出身・女性の多い職場での勤務経験……女社会のオキテを熟知
4.少しくらい流行おくれのファッションでも楽しめる……マイペース(素敵な服を買っても着ていくところがない)
5.お正月、夫の実家に行ったら進んで料理を取り分ける……後方支援が好き
6.子供の習い事が終わるのを外で待てる……待つことが苦にならない
 
筆者は、これに加えて
7.社会不安や悪化する経済状況のニュースに将来の不安を覚えない……楽天的
という項目が必要であるように思います。
 

あなたにとっての幸せとは何ですか?

 
日本はまだまだ女性が仕事と結婚・出産のどちらかを選ばなければならない社会。
 
その両方をこなす女性は疲れ切って憔悴しています。
 
逆に家庭に入ることを選んでも、昨今の先行き不透明な経済不安の中で、専業主婦として気楽に生きるのは難しいのかもしれません。
 
あなたにとっての幸せとは、どんな生き方ですか?
 
Written by 杉本レン
Photo by creative commons
 
■専業主婦希望の女性増加中!それに対する男性たちの本音は?
■結婚占い|あなたが幸せな結婚をするために「気をつけるべきこと」
■お金がない彼氏と幸せな結婚をする方法ってある?

ライフスタイル】の最新記事
  • 生理中のドロっとした経血、みんなどうやって対処してる?
  • 職場の後輩とのちょうどいい接し方とは?
  • エイプリルフールだからといって絶対についてはいけないウソ
  • やっちゃダメ! エイプリルフールの笑えないウソ
  • 脱毛に待った!新たなるフェチが誕生「剛毛女子」の魅力とは?
  • 私って異常? 生理の「普通の量」ってなに?
  • 「人の機嫌を気にしすぎて生きにくい」を解消するには?
  • 肩こりをスッキリ解消!生活習慣とストレッチ法