今、若い女性の間で「専業主婦」を希望する人が増加しています。
 
2012年の内閣府の調査で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という考え方に「賛成」と答えた人の割合が過半数を越え51.6%。
 
10年もの間一貫して減り続けてきたこのポイントが、急に一昨年より10%も増え、反対を大きく上回ったのです。
 
さらに、このポイント増加が一番大きかった世代が20代で、実に19.3%もの増加という結果に。
 
また、資格講座の通信教育を行っているユーキャンがPRエージェンシーのアイシェアと共同で行った調査では、未婚女性の半数以上が、出産後は「専業主婦になりたい」と回答しているというのです。
 
とくに20代の「専業主婦」希望は58.5%と高く、若い世代ほど専業主婦になりたいと考える女性が多いということになります。
 
なぜこんなに専業主婦願望が高まっているのでしょうか?
 

なぜ今専業主婦なのか?

 
「だって子育ても主婦業も仕事もなんてムリですよ。自分の趣味や楽しみはもちろん睡眠時間すら全部捨てて、それでもまだ足りないって感じじゃないですか。子どもができたら自分で子育てしてあげたいし、仕事しながらなんてどっちも中途半端になりそうで」
 
そう語るのはリエさん(28歳)。
 
彼女の職場にいる子育て中のキャリア女性を見ていて、ああはなりたくないとう思いが強くなったといいます。
 
「朝早くから子どもを保育園に預けて髪を振り乱して会社に来て、時々子どもの病気で早退して、あと残った仕事で私たちが残業。周りに迷惑をかけまくって、自分は夜中の3時に自宅から仕事のメールを送ってきたりするんです。そんなの見ていて幸せそうだなって思います? 私なら、子育てしながら時々ママ友とのんびりランチするほうを選びます」(リエさん)
 
1980年頃から女性の社会進出が進み、女性でもなりたい職業に付いて夢を実現できるという風潮が広がりました。
 
ところが、実際に仕事を続けながら家事と子育てをしている女性は、あまりにも大変。
 
男性の働き方がまったく変わっていないため、家事や育児の分担ができず、女性だけが仕事と家庭の両立を求められる状況に陥るからです。
 
それでも、自分のなりたい職業に就いてやりがいを感じていれば頑張れるのかもしれませんが、今の若い世代は就職難で、なりたい仕事になかなか就けません。
 
やっと見つけた仕事もハードワークで残業三昧。
 
楽しみを感じられず忙しいばかりの仕事と家庭の両立など考えられない女性が多いのもうなずけます。
 

高学歴女性の専業主婦願望

 
さらに先日、NHKで放送され反響を呼んだのがある高学歴20代女性の合コン三昧の生活でした。
 
彼女の目的は「年収1000万以上の男性と結婚して専業主婦になること」。
 
彼氏もいるし、しっかりとした職業に就いているのに、彼女は自分の夢を叶えるため理想の男性との出会いに必死でした。
 
共働き家庭の増えた今、夫の収入だけで生活を維持できる家庭は全体の一割程度といわれています。
 
昔は当然だった専業主婦は、憧れの存在に近くなっているわけです。
 

専業主婦願望の根底にあるもの

 
一般に、働きたいと考える女性たちにも、男性に代わって家計を支えたいという希望があるわけではありません。
 
男性に十分な収入があり、その上で女性が自分の仕事を続けるのが希望なのです。
 
しかし、今は男性に収入が不足しているため、女性が「働かざるを得ない」状況になる場合が多い。
 
そのことに負担感や危機感を感じる女性が、専業主婦になることを望んでいるのかもしれません。
 
こうしてみると、現代女性の専業主婦願望は、「家事・育児に専念したい」「家事が好き」といった積極的理由よりも、どちらかというと「今の仕事を続けるのがつらい」「家事と仕事両方はイヤ」といった消極的理由からきているようです。
 
では、本当に専業主婦はそんなに良いものなのでしょうか?
 
専業主婦の現実を、後編で詳しくご説明します。
 
■専業主婦希望の20代女性増加中!専業主婦は本当に楽?【後編】
 
Written by 杉本レン
Photo by David Urbanke
 
■婚活占い|ハイスペックな異性に求愛される方法
■結婚って幸せ? ストレス? 結婚のメリット・デメリットとは
■結婚占い|幸せな結婚生活を送るために、今からできること

ライフスタイル】の最新記事
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!
  • 真夏のホラー|本当はこわい「色情霊」妙にリアルでエッチな夢を見たら?