職場などでうっかり間違えて、あまりデキないひとに重要な仕事を振るともう大変。きちんと遂行されなかったり、締め切りに遅れたり、客先で粗相をしたりと、被害が大きくなってしまいます。
今回は、そんなリスクを背負うことのないよう、仕事のデキない男性を見分けるポイントを調査しました。
 
デキない男性に仕事を振ると、結局被害をこうむるのはあなたです……。絶対に仕事を振ってはいけない、デキなさすぎる男性の特徴をご紹介していきましょう。
 

その1:常に10〜15分程度の微妙な遅刻をする

 

「同じ会社の広告営業部の男子と一緒に、顧客先に行くことが多いのですが、その男子が毎回必ず10〜15分ほど遅刻をしてきます。派手な遅刻というわけではありませんが、もう少し考えて5分前行動を意識すれば、確実になくせるロスタイムですよね。そもそも時間計算やスケジュール管理ができていないので、出世できないタイプだろうなと思います」(32歳/IT)
 

その2:携帯の電池がなくなったとよく言う

 

「男友だちに残念なひとがいます。なにかの集まりのときや突然飲み会に誘おうと連絡したとき、8割くらいの高確率で電話が通じないんです。あとで聞くと毎回『充電がなくなってた』というんですよ。起きたときや家を出る前にパッと見れば、スマホの充電をするべきかどうかって、普通分かりますよね。そんな簡単な判断能力がない男性は、仕事上でもビシッと決められないタイプが多い」(29歳/広告)

その3:名刺を持っていない、または切らしている

 

「間が悪い男性も仕事がデキないタイプです。名刺を忘れたり、切らすことが多いひとは確実にデキない。名刺を交換するシーンがあることを予想できていないし、名刺は切れる前に注文すべきものだと思うので。先を見据えた行動ができない男性を見ると、非常に残念な気持ちになります。一緒に仕事をすると大変そうだからイヤですね」(31歳/メーカー)
 

その4:うるさい場所また場所から大事な電話をかけてくる

 

「すごくガヤガヤした場所や電波の悪い場所から、大事な用件の電話をかけてくる男性……ああいうひとは何のつもりなんでしょう。聞き取れないこちらの身にもなれよ、って思います。何度も聞き返しながら会話をするのも、かなり非効率的だし。相手のことを考える能力に欠けた男性は、コミュニケーション能力もなくて、ろくに仕事もデキないはず。これは確実です」(33歳/コンサル)
 

その5:大事なことも口頭だけで伝えようとする

 

「個人的に迷惑だなと感じるのが、重要なことや決め事を電話や対面などの口頭だけで伝えるひと。文書にして残しておくべきだと思うんですよね。メールや書類などの文書にまとめる力がないんだな、と思います。あとで言った言わないと揉めるのがイヤなので、いちいちこちらがメールにまとめて相手に送るのは、正直かなり面倒くさい。でもデキない人から自分の身を守るためにはやむを得ないですね」(27歳/公務員)

絡むとイライラ倍増……仕事のデキる男を見極めて

 

いずれも残念な特徴ばかりで、仕事で絡むとイラッとしてしまいそうですよね。
仕事のデキる男性を見極めたいときの参考にしてみてはいかがでしょうか。
 
(yummy!編集部)
 
■仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選
■もうウンザリ!職場の「理解できない人」との付き合い方
■あなたは大丈夫? 職場で嫌われるタイプの特徴
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 好きなものに囲まれて過ごすと、人生が豊かになる
  • ミニマリストのメリット・デメリットとは?
  • 人生を無駄にしている?見直すべき7つのポイント
  • 取り組みやすい!稼げる副業4選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • ミニマリストってスタイリッシュでかっこいいの?実践してしんどくない?
  • 身体よりも心が疲れている?アラサー女性のストレスの原因4つ
  • 20代後半。これからのキャリア形成、どうする?