ノーブラがおっぱいを大きくする!?」日ごろから育乳やおっぱいを気にする女性はすでにこの情報をご存知の方もいるのではないでしょうか?
 
ですが、実際にノーブラで外を出歩くことには抵抗があるし、せめて家の中ではノーブラで過ごしたいけれど、それでは効果が少ないのではないか? この記事ではそんな疑問にお答えしていきます。
 

ノーブラでおっぱいが大きくなる!?

 

フランスのブザンソン大学・医薬学部の研究で気になる発表がありました。
 
「ブラなしで一年過ごした女性を生体測定したところ、乳房の細胞組織の質が向上し、肩の回旋筋や大胸筋がより発達したことが判明。しかも、バストのサイズがブラありの時よりもわずかながら大きくなっており、かつ位置もリフトアップしている」
 
この結果から、胸部の皮膚やバストを支える“クーパー靭帯”という部位を鍛えるために、普段の生活では可能な限りブラジャーの着用を避けるべきと推奨しています。ただし、スポーツ中など胸の揺れが大きくなるシチュエーションでは、かえってクーパー靭帯に負担をかけるため、ブラを着けてバストを守ったほうがよいとのこと。

「ブラジャーは着用するべき」真逆のデータも存在?

 

ところが、真逆のデータも同時に存在していました。大手下着メーカー、ワコールの調査結果です。
 
「バストが長期にわたって揺れる状態、つまりホールド力のない下着や自分の体に合っていない下着を身に着けていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう」
 
恐ろしいことに、クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻らないため、それを防ぐためにはやはり「自分の身体に合った」ブラジャーを着用することが重要と提唱しています。
 
これはつまり、やっぱりノーブラだとおっぱいは垂れれる。ということ。果たして、どうすればいいのでしょうか?
 

整理して考えてみよう

 

上記のふたつの研究結果を整理して考えてみると、
 
・ノーブラ状態でクーパー靭帯を鍛えると、胸のリフトアップ効果がある
・ノーブラ状態は乳房の細胞組織の質を向上させる
・胸が激しく揺れるとクーパー靭帯が伸びてしまう
 
走ったりジャンプしたり、激しい運動をすることがなければ、クーパー靭帯を伸ばしてしまう心配もなさそうですよね。となると、日常生活レベルの揺れであれば、ノーブラ状態で快適に過ごしつつ、胸のリフトアップ効果も期待できるのではないでしょうか。
 
ブラジャー、ノーブラ状態を使い分けることができれば、快適さと美しさを両立できるということになります。ノーブラ状態をできるだけ確保しながら、自然な育乳を目指してみてはいかがでしょうか。
 
(yummy!編集部)
 
■恋愛すると女性の胸は大きくなるのか
■疑問!大人になってからもおっぱいは大きくなる?
■おっぱいが小さいのがコンプレックス!貧乳でもエロさを出すには?
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 春だから「小春日和ですね」は間違い!? うっかり使うと恥ずかしい「言葉の誤用」8選
  • 子育てあるある。切なすぎるお母さんたちの願望6選
  • 六星占術「大殺界」には何が起こるのか? 本当にあった恐ろしいエピソードをご紹介
  • アベック、めんご……ちょっとおばさんっぽい? 気を付けたい死語録集
  • インスピレーションに従って生きているアラサー女子たち5選
  • O型が血液型占いで妙に“優遇”される謎! 血液型のルーツで判明
  • 生理中に女性が感じている不安……男性には言えない本音
  • みんなメンタルブレイクしたとき、どうやって立ち直ってる?