雰囲気のある音楽や、ムードを高めるアロマを使用するなど、夜の営みの際のこだわりは人それぞれあるものですよね。

オシャレな照明を点け、薄暗い部屋の中でのセックスに興奮を覚えるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな性事情に待ったをかける、驚きの研究結果が発表されました。

 

夜中の照明はデブのもと!

 

奈良県医科大学の大林賢史特任助教ら研究グループは、夜間に豆電球程度の照明をつけたまま寝ると肥満の原因になるという研究結果を発表しました。

調査は、高齢者528人を対象に行われた研究によると、ほぼ真っ暗な状態で寝ていた人よりも、豆電球程度の明かりを附けて寝ていた人は「肥満症」の割合が1.9倍、中性脂肪が高いなどの「脂質異常症」の割合が1.7倍高くなりました。

照度のおおよその目安は、月明かりが1ルクス、ろうそくの炎が10ルクス、コンビニの照明が約1000ルクスとなります。

今回対象となった豆電球の照度は約9ルクスとして調査を行っているので、微量の明かりでも人体に影響を及ぼすということが分かりますね。

今回の発表について、研究を行った大林賢史特任助教は「日中は室内にいて日光を浴びず、夜は人工照明を多く浴びる現代人は多い。光の浴び方が健康に及ぼす影響をさらに解明していきたい」と語っています。

実際に夜間労働者には肥満の人が多いとされています。

これは、夜間に強い光を受けることで生体リズムに変調をきたすことが原因の1つです。

光と肥満の関係については、これまでに行われてきた研究でも証明されています。

米オハイオ州立大学の研究結果によると、夜間に5ルクスの光を浴び続けたマウスは、正常な明暗サイクルのもとで生活していたネズミに比べ50%体重が増えるということが判明しました。

双方のネズミは運動量や摂取した食事のカロリーに変わりはありませんでした。

夜間も光にさらされていたマウスは体内時計が狂い、食事をとる時間帯が乱れたことが肥満になった原因のようです。

 

暗闇セックスを推奨!

 

照明をつけたままだと太るだなんて聞き捨てなりません!

今後、照明ありのセックスは考えものですね。

肥満防止に、セックスは真っ暗闇で楽しんだほうがよさそうです。

 

関連コラム

 

長続きカップルが語る!セックスレス防止のために実践すべきこと
男性との距離を縮める禁じ手「キス」の奪い方5選
大好きだった彼。彼女が復縁した方法とは?
セックスで想像以上に燃える魅惑のロールプレイ5選
Written by 池田園子
Photo by nath.smith

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

ライフスタイル】の最新記事
  • 「女の幸せ」をつかめる女性とは?
  • 疲れが溜まって現実逃避したい! プチニートジャーニーのススメ
  • オカマ流 ポジティブに生きる方法|もちぎ
  • 30代を充実して過ごせる女性とそうでない女性の違いとは?
  • こんな女性は要注意――男性がドン引きする「女性の金銭感覚!」とは?
  • 平成、令和男性にはない「昭和男性の漢気!」とは?
  • 20代、30代、40代【年代別】女性が自分の年齢を実感する瞬間とは?
  • 目から生気が抜けるほどの脱力感「目がビー玉になった瞬間」っていつ?