メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は通称メタボといわれ、広く世間に知られています。

健康寿命(介護を必要としないで健康に日常生活が送れる期間のこと)を脅かす3大要素には、認知症・メタボともうひとつ……『ロコモ』が存在するのです。

メタボが食習慣によって予防できるように、ロコモは日常生活の運動習慣によって予防できます。

ロコモを防ぐために、早めの予防が肝心!

ロコモについて詳しく説明するとともに、その予防法についてもご紹介します。

 

『ロコモ』基礎知識!

 

アラサーのみなさんだからこそ、絶対に知っておくべき『ロコモ』の基礎知識をまとめました。

●『ロコモ』とは?

高齢の方が介護が必要となったり、寝たきりになったりする原因を調べた統計によると、関節の疾患や転倒・骨折などが全体の2割を占めていることが判明。

そのような状態になる可能性が高いことを『ロコモティブシンドローム(運動器症候群)』といい、略して『ロコモ』といいます。

●30代から必要な『ロコモ』予防

ロコモ概念の提唱者であり、東京大学大学院教授の中村耕三氏は「60歳になってから『さあ健康のために運動!』と思い立っても、筋肉や骨が弱りきっていたら始めることさえできません。

ロコモは高齢者に多い習慣病ですが、体力低下の自覚が始まる30〜40代からの対策が不可欠」と警告しています。

●7つのロコモチェック!(一部アラサー基準に改定) 

ひとつでも当てはまれば『ロコモ』になる可能性がありそうです。

□掃除機をかける、布団の上げ下ろしなどの作業がキツイ
□4キロ程度(1ℓ牛乳4本ぶん)の荷物を持ち歩くのがキツイ
□片足立ちで靴下が履けない
□段差のない場所でつまずいたり転んだりする
□30分続けて歩くことがキツイ
□階段で手すりを使ってしまう
□横断歩道を青信号で渡りきれない

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

今から意識したい「自分らしく生きる」ということ

 

「結婚はいつかするかもしれないけれど、今は自分の人生を充実させることが大切」という自立した考え方は素敵です。

そんなひとは、とくにアラサーの今から健康寿命を意識した生活を心がけ、「末永く自分らしく生きる」という目標も視野に入れることをおすすめします。

また、結婚したとしても、自分の寿命も家族の寿命も予測は不可能なのが現実。

「それぞれが自分の生活、人生を自己管理すべき」という究極の課題に行き着くときが遅かれ早かれやってくるに違いありません。

まだ親に頼っているあなたは、そろそろ生活を見直すべきときかも。

毎日のちょっとした心がけ次第で老後が豊かなものになりうるのであれば、たった今からの『ロコモ』予防を実践したいものですね。

 

関連コラム

 

元アイドル小阪由佳が激太りから90日間で−18kgできた理由
男子が「コイツ、可愛げないな!」と感じる強がり女子の言動5選
大好きだった彼。彼女が復縁した方法とは?
バレンタインに告白するなら手作りチョコよりも「美肌」が重要
Written by かぎあな
Photo by Naypong

ライフスタイル】の最新記事
  • お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得
  • 職場でのマウンティング~仕事のライバル?対等の関係?身近な女性社員編
  • 女性だから冷え性は当たり前ではないのです!愛されるあったか女子を目指せ!
  • ツライ肩コリを今すぐ解消! キーワードは「天使の羽根」
  • イタイ! いつまでも若者気分が抜けていない女性の言動
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」
  • GoTo!恋人との初旅行での失敗話