1月5日に1年で最も寒くなる時期に入る「寒の入り」を迎え、今月21日には寒さのピークを迎える「大寒」がやってきます。

各地で雪が降り始め、日本屈指の豪雪地といわれる青森県の酸ケ湯では、積雪が3mを超えているのだとか。

そこで今回は、寒い冬が苦手なひとも好きなひとも、きっと生で見たくなってしまう、雪を使った神業アートをご紹介します。

 

一度は見てみたい!スゴすぎる雪国アート

 

しんしんと降り積もる、美しい雪。

そんな雪を使った、目を見張るような美しい神業アートをご紹介します。

●その1:カナダのカップルが作った虹色のかまくら

マイナス25度という極寒の中、色をつけた氷のブロックを5日間かけて積み上げ、完成させたという虹色のかまくら。
これこそが、まさに愛の共同作業ですね!

●その2:札幌雪祭りの雪の彫刻

中心のキャラクターから背景まで、細部までこだわった繊細な雪の彫刻。
もはや彫刻のレベルを超えるこの技術は、神業です。

●その3:イヌイットの家、イグルー

古くからイヌイットに受け継がれる雪の家イグルー。
分厚く積んだ雪が風を防ぎ、中は温かいそう。
寒さをしのぐために、逆に雪を使って家を作ってしまうという先人の知恵ですね!
丸い形がかわいらしいイヌイット版かまくら、イグルー。一度は入ってみたいですね!

●その4:スウェーデンのアイスホテル

スウェーデンの北部で、冬だけに限定オープンする氷のホテル。
一生に一度は泊まってみたい、美しいシャンデリアがシンボルの神秘的なホテルです。

●その5:氷のバーで楽しむ、氷のグラスビール

冬になると北海道の各地では、氷のグラスでお酒を提供するアイスバーがオープンします。
厳しい寒さの中で味わうキンキンのビールも、冬の北海道の魅力の一つですね。

●その6:54歳のイギリス人が作った、巨大ミステリーサークル

54歳のイギリス人男性が雪の中を歩き、自分の足跡だけで描いたそう。
一歩踏み間違えたら取り返しのつかない、緻密な幾何学模様が美しいですね。
とても人間業とは思えないこの神業アート、あっぱれです!

 

寒さに挑むアート精神

 

いかがでしたか?

冬には冬ならではの楽しみかたがあることを教えてくれる、スゴいアート画像をお届けいたしました。

今年の冬は、暖かい部屋に閉じこもっているばかりではなく、雪や氷の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

関連コラム

 

2013年充実させたい事。第1位は恋愛
あなたは大丈夫? 男性から結婚を諦めた女だと思われる態度5選
セックスで愛を感じる女、そうでない男…セックスは愛情表現か?
お金をかけずにキレイでいたい女子の願いを叶える方法
Written by カシミヤ・ユタ

ライフスタイル】の最新記事
  • どこの職場にもいる! 周囲から「迷惑がられている人たち」の特徴&対処方法
  • 女子たちの恐ろしすぎる本音…友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法