現在、貧困により周囲から孤立してしまう女性が多いといいます。

こういった女性たちを「サイレントプア」と呼ぶのだそう。

前編の「独身女性たちを襲うサイレントプア!私はこうして乗り越えた」に引き続き、後編をお送りします。

サイレントプアに陥ったアヤさん(37)は、自力でその状況を打破することができました。

彼女がサイレントプアを乗り越えたその方法とは、「ライブチャットレディ」としてのお仕事だったのです。

 

サイレントプアから脱出するために選んだ方法とは

 

アヤさんは出産したばかりの35歳のとき、夫のリストラという大変な試練にぶつかりました。

しかも夫は仕事とリストラのストレスからうつ病を発症し、すぐに再就職は不可能な状況に。アヤさんは仕事を探しましたが、生まれたばかりの赤ちゃんを抱えた彼女にできる仕事は見つかりませんでした。

そんな崖っぷちの彼女がネットで求人を探していて見つけたのが、「ライブチャットレディ」というお仕事。

自宅にいながら空いた時間にでき、さらに高収入とあって、よくわからないままに飛び込んだのだそうです。

 

ライブチャットレディというお仕事

 

ライブチャットとは、マイクとカメラをつけた女性がサイト内のチャットルームにそれぞれ待機し、男性が好みの女性の部屋を訪れ会話をするというもの。

女性の報酬は1分70円と書かれていました。

つまり1時間で4200円という高時給!

しかし、実際には、最初は1分30〜40円程度からスタートするところが多いようです。

ライブチャットレディにはいわゆる「アダルト(脱ぎアリ)」と「ノンアダルト(脱ぎナシ)」の2種類があり、アヤさんは当然「ノンアダルト」を選択。

しかし利用男性から見ればどちらも大差はなく、実際には「脱いで」とか「一緒に気持ちよくなって」とか、「自分のアソコを見て」という要求が大半だったそうです。

アヤさんはそういった要求にはこたえませんでしたが、それでも新人というだけでそこそこ指名があり、1カ月に4〜5万程度は稼ぎ出すことが出来たそうです。

また徐々に常連のお客さんもでき、何時間も会話したり、相談に乗ったりすることもあったとか。

やがて、彼女の所属するライブチャットの会社で開設数周年を記念したイベントに出演してくれる女性の募集が始まりました。

彼女が応募したのは、「お掃除レディ」というお仕事。

ちょっとセクシーな服装で、床掃除しているところをライブで中継するというものでした。

こんなつまらない企画、誰が見るのだろうと半信半疑でやってみると、ものすごい数のアクセスがあり、アヤさんはこのイベントだけでわずか3日間で15万を稼ぎ出したそうです。

そうこうしているうちに夫の病状も良くなり、再就職が決定しました。

アヤさんはライブチャットレディをすっぱり辞め、現在は子育てに専念しています。

 

オンナは強い!

 

アヤさんは病気の夫と赤ちゃんを抱えていたにもかかわらず、自分の力で状況を乗り切りました。

その秘訣は、情報を駆使すること、そして恐れずやってみること。この2つです。

自分も貧困に陥るかもしれないと恐れている女子の皆様、オンナは案外強い!

アヤさんに学んで自分にできることを探し、困難に立ち向かっていってくださいね。

 

関連コラム

 

恋活に有利なボディ作りのポイントは「バストアップ」
独身女性たちを襲うサイレントプア!私はこうして乗り越えた前編
家族仲が良すぎると結婚できない? 母娘共依存から抜け出す方法
アラサー女子がお肌の衰えを痛感した瞬間6選
男性が「結婚したい」と思うときって?男のホンネ満載記事4選
Written by 杉本レン
Photo by katiaromanova

ライフスタイル】の最新記事
  • 好きなものに囲まれて過ごすと、人生が豊かになる
  • ミニマリストのメリット・デメリットとは?
  • 人生を無駄にしている?見直すべき7つのポイント
  • 取り組みやすい!稼げる副業4選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • ミニマリストってスタイリッシュでかっこいいの?実践してしんどくない?
  • 身体よりも心が疲れている?アラサー女性のストレスの原因4つ
  • 20代後半。これからのキャリア形成、どうする?