生きていれば恥の一つや二つ、いや100個くらいは誰しも経験するものですが、世の中の赤っ恥の中でも、とくに恥ずかしいのがパンツの恥。
 
意外にも多くの女性がパンツがらみの失態をおかしているものです。
 
もしかしたらあなたも経験済みかも? 共感度の高い、パンツの赤っ恥エピソードを紹介します。

 

あるある!? パンツの赤面エピソード

 

恥ずかしいけれど、今になって考えればかなり笑える……そんな、パンツにまつわるエピソード。
 
みなさんの体験をリサーチしてみました。
 

●パンツの恥ずかしエピソード その1:スカートがめくれ上がって
 
「洗濯をため込んでいたら下着がなくなって、仕方なく母親の下着をはいていくことに。ヘソまでかくれるパンツは、まさにズロースと呼ぶにふさわしい超デカパン。そんな日にかぎって、やたらと地下鉄の風にあおられて、思いっきりスカートがめくれ上がり中が丸見えに。思わずその場にしゃがみこんだら、具合の悪い人と勘違いされて、駅員さんが飛んできましたが『デカパンを隠すためです』とは言えませんでした(笑)」(28歳/派遣社員)
 

●パンツの恥ずかしエピソード その2:パンツがビリッと
 
「大切なクライアントとのミーティング。お気に入りのピッタリ目のパンツスーツで気合いを入れて臨みました。しかし、資料を配っているときにビリッという音が。なんとお尻の縫い目がパックリ割れてしまったんです。そんなときにかぎって上司に別件が入り、急きょ代わりにプレゼンすることに……プレゼン中はずっと忍者のカニ歩きだったので、まったく集中できませんでした」(30歳/IT)
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選