占い師による洗脳騒動で、一時世間を賑わせたオセロ・中島知子。
 
いったいなぜ、彼女は占い師を妄信したのでしょうか。
 
真相は薮の中ですが、もしかしたらアラサー独女特有の精神的危機「30'sクライシス」をこじらせた結果だったのかもしれません。
 
社会構造の急激な変化により、アラサー世代にさまざまな社会問題がのしかかる現代、急増しているといわれる「30'sクライシス」。
 
これが起こるメカニズムと、その対処法を紹介していきます。

 

30代女子のアイデンティティが危ない

 

「30'sクライシス」とは、30代で陥るアイデンティティ・クライシスのこと。
 
自我心理学の第一人者、エリク・エリクソンは「自分は他でもなく自分である」という統合された感覚を、「アイデンティティ」(自己同一性)と呼び、その獲得は青年期(15歳〜39歳くらい)の発達課題であるとしました。
 
また、人は自我の発達に伴い、肯定的なアイデンティティを獲得することで、心理的に成長していくとしています。
 
しかし、その試みは失敗することも多く、ときに「アイデンティティ・クライシス」という精神的な危機を引き起こすのです。
 
アイデンティティを確立するためには、社会的な役割や責任を引き受けるといった、周囲の「承認」が必要だからです。
 
未婚・晩婚化、非正規雇用の増加、ひろがる格差など、多くの社会問題に翻弄され「失われた世代」と呼ばれる今の30代女子。
 
生きる目的を見出せず、アイデンティティ・クライシスに悩む人が多いのも、当然なのかもしれません。

 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 名探偵コナンに学ぶ! ピンチなときに使いたい名言
  • 今、あなたの心が本当に求めていることとは?
  • 「ジャイアン女子」になっていませんか? あなたのガキ大将度を診断
  • 節約? それともケチ? 男女の「お金」にまつわる価値観の違い
  • 本当にこれでいい?決断に迷っているあなたへ
  • お金持ちになるための4つの心得を学べばいい母親になれる⁉︎
  • もしも過去に戻れたら…あなたはいつに戻りたい?
  • クリスマスムードが高まって…雰囲気に踊らされた失敗デート7選