9月3日は、公益財団法人精神・神経科学振興財団「睡眠健康推進機構」が定めた「睡眠の日」です。なぜこの日かというと、9(ぐっ) 3(スリー)という語呂合わせから来ているそう。
ワコールが行ったアンケート調査によると、現代人の7割以上が睡眠に不満を持っていることが分かりました。過酷な現代人の「平均睡眠時間」を発表いたします。

 

現代人の平均睡眠時間は6時間が最多

 

株式会社ワコールは、全国の20代から40代の男女1029名を対象に「睡眠に関するアンケート調査」を実施しました。

調査の結果判明した、平均的な睡眠時間がこちらです。
「6時間〜6時間半」19.5%
「6時間半〜7時間」15.5%
「5時間半〜6時間」14.4%
「7時間〜7時間半」13.7%
「5時間〜5時間半」9.1%
「7時間半〜8時間」8.6%
「8時間〜8時間半」7.0%
「4時間半〜5時間」6.3%
「4時間半未満」3.0%
「8時間半〜9時間」1.7%
「9時間以上」1.2%

自分の睡眠時間について「満足している」ひとは28.9%、それに対し「やや不満」(51.5%)と「不満」(19.6%)を合わせると、なんと71.1%のひとが不満を持っていると回答しています。

どんな不満かというと「疲れが取れない」(52.3%)、「日中に眠くなってしまう」(44.9%)、「寝起きが悪い」(38.7%)、「寝つきが悪い」(29.5%)、「何度も目が冷める」(26.4%)などが挙げられました。また、少数ですが「リアルな夢ばかり見るので寝ている気がしない」「睡眠薬を服用しないと眠れない」という意見もありました。(※複数回答可)

現代人の多くが睡眠時間に不満を抱えつつ、疲れを引きずったまま日中を過ごしているようです。

 

過半数が「パジャマ」の寝心地を指示

 

みなさん、就寝時には何を着用しているのでしょうか? 夏の寝巻きはこのような結果となりました。
「Tシャツ、短パン」60.1%
「パジャマ」22.7%
「下着のみ」5.5%
「スウェット・ジャージ」5.0%
「ルームウェアのまま」4.2%
「その他」2.5%
冬になると「スウェット・ジャージ」が42.3%とぐっと増えます。
この結果に対して、良く眠るためには何を着て寝るのがいいかという質問には「パジャマ」という回答が半数を超える54.2%という結果となりました。

また、寝巻きに着替えると「リラックスできる」(90.4%)、「眠る準備ができた気がする」(74.0%)、「1日の活動を終えた気がする」(75.4%)とのこと。寝巻きは実用性だけでなく、“睡眠へ導く”という重要な役割を担っていることが分かります。

肌触りの良くて着心地のいい「パジャマ」を着用することで、睡眠に対する不満を解消できるかもしれませんね。

 

質の良い睡眠生活を目指しましょう

 

健康的に生きるには睡眠は重要! ですが、ひたすら長く寝れば疲れが取れるというわけではありません。睡眠の質が重要なのです。

寝苦しかった熱帯夜もそろそろ終わり。この機会に、寝巻きや寝具などを整えて快適な睡眠生活を目指してみてはいかがでしょうか。

◆眠れないときの対処法!
眠れないときに「ホットミルクを飲む」ことは科学的根拠なし!(参考)
【【ワコール睡眠に関するアンケート調査】8割の人がやっていた!「入眠儀式」とは?“トイレ・歯磨き・パジャマ” | 株式会社ワコール | News2u.net】
http://www.news2u.net/releases/101050

Written by 浅川有紀
Photo by David Forster

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ