B型が嫌いなもののひとつが血液型占い。なぜか「ワガママ」「自己中」「性格が悪い」というレッテルを貼られてしまうから。
 
しかし、B型が誕生した紀元前1万年頃のルーツをさかのぼってみると、この「ワガママ」さがないと生きていけないという理由があったんです。
これを知ると、B型のあの人の見方がちょっと変わるかもしれませんよ。

 

B型は「ワガママ」じゃなきゃ生きられない!

 

日本では人口の約20%を占めるとされているB型。とくに青森県と長野県に多いというデータ(※1)が出ています。
 
そんなB型は、全人類がO型だったとされるクロマニヨン人の時代から、ずっと後の紀元前1万年頃、インドやウラル地方で誕生したと考えられています。
 
アフリカから分散したクロマニヨン人のうち、ヒマラヤ山岳地帯に移動したグループは、もっぱら家畜の肉と乳製品を食べる糧にしていました。「狩猟民族」から「遊牧民族」になっていった彼らの腸内細菌は、乳製品を分解するのに適したものに変化。この体内環境の変化によってB型の人間が生まれたのだそうです。
 
感染免疫学を専門とし、医学博士の肩書きも持つ藤田紘一郎氏は著書のなかで「血液型のルーツが少なからず体質・性格にも影響を及ぼしている」と提唱しています。
 
白人種と蒙古人種が移住したインドやウラル地方は、過酷な自然環境におかれていたため、人種間での混血が頻繁に起こっていました。それによりB型は、O型の次に免疫力が強いとされています。
 
そのため、B型の行動はO型と似ているのですが、O型よりも肺炎になりやすかったり、食中毒にかかりやすかったりするようです。そのため、ウイルスなどの感染確率を少しでも下げるために、大勢の人間のなかに入ろうとしなかったのかもしれません。
枠にとらわれない自由奔放なB型の性格は、こうしてできあがったのではないかと推察されています。
 
過酷な環境を生きるためには、他人の目など気にしているヒマはありません。いろんな人種が入り混じっているならば、自我を通していかなければ生き残れません。
B型のワガママさは、いわば生きる強さだったのだと言えるでしょう。

 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 名探偵コナンに学ぶ! ピンチなときに使いたい名言
  • 今、あなたの心が本当に求めていることとは?
  • 「ジャイアン女子」になっていませんか? あなたのガキ大将度を診断
  • 節約? それともケチ? 男女の「お金」にまつわる価値観の違い
  • 本当にこれでいい?決断に迷っているあなたへ
  • お金持ちになるための4つの心得を学べばいい母親になれる⁉︎
  • もしも過去に戻れたら…あなたはいつに戻りたい?
  • クリスマスムードが高まって…雰囲気に踊らされた失敗デート7選